カラフルエッセイ ヨッシーのぶらぶら歩き

2013年9月11日 (水)

黒字ひやし(富岡市・和洋レストラン新洋亭)

~ ヨッシーのぶらぶら歩き3

7月後半に短い夏休みがキープできましたので、ヨッシー一家は夏旅をしてきました。

まず最初の訪問先は富岡市にある「和洋レストラン 新洋亭」。


昨年の4月に訪れた時の記事がyahooトップページの地域情報にリンクされたことが
きっかけで、「新洋亭かずこさん」とお知り合いになりました。


記事を見たことがきっかけでお店に足を運んでくれた人が結構いたとのこと。ブ
ロガー冥利に尽きますね~。うれしい限りです。

Photo_3
 
Photo_4






▲写真左 
さてさて、こちらが1年振りに訪問する和洋レストラン新洋亭です。


▲写真右 アベノミクスに便乗「黒字ひやし」? 写真が貼ってあったのでイメージがつかめ
ますね。これは注文してみるしかありません。

Photo_7Photo_8









▲写真左 黒字ひやしセット(900円)です。
これだけでは「黒字」がいったい何なのか全くわかりません。


▲写真右 黒字は麺を指していたのです!
麺は南牧村の炭ラーメンの麺を使用とのこと。この麺は杉の間伐材を炭にしてさらに細かくしたものが入っているようです。麺の考案者は南牧村にある和菓子屋「信濃屋嘉助」さん。ご主人が作るゴマ味のタレとの相性もバッチリです。お腹の中から黒くなれたでしょうか?


Photo_9
▲写真左 そして、丼ものは「ミニカツ丼」を選んでみました。群馬でカツ丼というとソースカツ丼が定番ですね。


訪れた日は自宅でNHK「あまちゃん」のあとの「あさイチ」をたまたま観ていた
ら、「富岡特集」をやっている場面に遭遇。新洋亭かずこさんが画面に登場していたのはビックリでした!


今、富士山人気で盛り上がっていますが、これからは富岡市が盛り上がっていきます
ね。富岡製糸場の世界遺産登録に注目です。


■店名   和洋レストラン 新洋亭 (しんようてい)

■住所   群馬県富岡市富岡1413-7

■電話   0274-62-0270

■営業時間  11:3020:00

■定休日 水曜日

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

山梨・勝沼のワイナリーをまわる

~ ヨッシーのぶらぶら歩き 2 ~

夏真っ盛りですね。今年もサマータイムが実施され昨年と同様に夏をエンジョイしています。

仕事や趣味の仲間との宴会、大人の修学旅行、社外研究交流会のOB会、ライブ、勉強会等々で体力的にも中々しんどい日々が続きました。でも、基本に楽しいことばかりなのでとっても充実した時間を過ごしているなぁと感じています。

さて、そんな中開催された社外研究交流会のOB会。お酒好きが多いということもあり、山梨・勝沼のワイナリーをまわるという1泊旅。異業種同業というメンバーで研究交流活動を続けてきたので「勉強」という視点は欠かせません。

そんなわけでワイナリー巡りをする中でセミナーを組み込んでみました。今回組み入れたのは、「勝沼・グレイスワイナリー 甲州種を知るツアー」というもので、開催概要は下記の通りです。

◆開催日   2013年7月13日(土)14時00分~15時40分
◆所要時間   100分
◆参加メンバー 10名
◆参加費  2,000円/1名

<ツアー内容>
1.試験農場にて甲州の案内(40分)
2.ワイン醸造環境のご案内(20分)
3.甲州種を知るテイスティングセミナー(40分)

Photo_19Photo_20






▲(写真左)セミナーを開催している 勝沼・グレイスワイナリー(中央葡萄酒株式会社)
▲(写真右)まずは、試験農場にて甲州の説明をして頂けます。(40分)
案内役は、広報担当のワインアドバイザー島田雪子さん

Photo_21Photo_22






▲(写真左)向こうに見える山の畑についてフィリップを使って丁寧に説明してくれます。
▲(写真右)ワイン醸造環境のご案内(20分)
醸造施設の中(工場)へ入って圧搾機の説明をしてくれています。

Photo_23▲甲州種を知るテイスティングセミナー(40分)
ワインがたくさん並びます。これらを飲み比べていきます。日本の固有ブドウ品種である「甲州」をこれだけ並べて味わうのは格別ですね。

甲州種をたっぷり体感できるこのツアーはとっても楽しめます。参加した他のメンバーも島田さんの説明とワインに満足頂けたようでよかったです。

お土産は、グレイス甲州鳥居平畑2012年、セレナ甲州2012年、グレイスシャルドネ2011年の3本購入しました。

■名称    勝沼・グレイスワイナリー
                 (中央葡萄酒株式会社)
■所在地  山梨県甲州市勝沼町等々力173
■電話    0553-44-1230

| | コメント (0)

2013年6月 6日 (木)

伊勢うどんのハシゴです!

~ ヨッシーのぶらぶら歩き1 ~

今月からカラフルエッセイに登場することになりました、ヨッシーです。

私は、2009年1月から「ヨッシーのつれづれ日記」というブログを続けています。

そこからの転載記事が中心となっていきますが、すこしでもお役に立って、楽しめる情報をアップしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

さて、2013(平成25)年というと何を思い浮かべるでしょうか?

実は、神社業界にとっては伊勢神宮の式年遷宮(20年に1度)、出雲大社の大遷宮(60年に1度)という一大イベントが執り行われます。これらのイベントに何らかの形で関わる方も多いのではないかと思います。

まずは、少しでもお役に立つ情報をということで、伊勢神宮参拝時のグルメの情報を提供いたします。

「伊勢」と名のつくグルメ。やはり、伊勢うどんを外すことはできませんよね。

事前の予習を全くしていないので、観光案内所のパンフレットに記載されていた伊勢うどん専門のお店に行ってみることにしました。

PhotoPhoto_2▲まずは、JR・近鉄伊勢市駅から徒歩5分のところにある「まめや」へ訪問。

10:00オープンなのがとってもよいですね。朝ごはん代わりにうどんを啜れます!

▲伊勢うどん(510円)を注文です!

お店のホームページで調べてみたら、伊勢うどんは昭和42年、名古屋のメルサに赤福や魚九らと共同で出店した時に「伊勢うどん」と名付けたのが始まりらしいとのこと。呼び名は比較的新しいんですね。

麺はというと、ぶよぶよでとっても柔らか。そしてタレが真っ黒。普段、武蔵野うどんを食べているせいかちょっと物足りない感じがしちゃいました。

■店名         まめや
■住所       三重県伊勢市宮後2-19-11
■電話         0596-23-2425
■営業時間     10:00~19:30(L.O)
■定休日       火曜・水曜不定休(祝日の場合は翌日)

うどんが柔らかいせいか、お腹空くのが早く感じられました。
ということで、伊勢うどんのハシゴです。

Photo_3▲次にお邪魔したのが「山口屋」

昭和レトロの雰囲気が漂う、なかなか趣のある店舗です。

Photo_4▲こちらでも、伊勢うどん(500円)を注文です。

やはり、こちらのお店のうどんも柔らかい!

真っ黒いタレは意外にも飲み干せるほどのいい塩梅。

やわやわうどんとの相性はバッチリなんですね。

■店名         山口屋
■住所      三重県伊勢市宮後1-1-18
■電話      0596-28-3856
■営業時間    10:00~19:00
■定休日     木曜日(祝祭日を除く)

| | コメント (0)