« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月24日 (月)

一人ずつで行く社員旅行

~ おさむの鳥の目 231 ~

もう40年くらい前のことになりますが、当時、大阪にあった総勢10人あまりの小さい会社に所属していた頃のことです。ある時、社員旅行が企画され、私も参加しました。社長の発案で、会の内容がやや変わっていました。

社員旅行というと、普通は社員が一緒に旅行をするのですが、その時は、メインの行き先は、社員一人ずつが、決められた日程の中で、それぞれ独自に決めて、各自が一人ずつ、その計画を実行するというものです。

勿論、最初から最後まで一人ずつでというのではなく、最初と最後だけは、全員が団体行動です。その時の計画では、まず、全員が揃ってJRの寝台列車を使って、大阪から洞爺湖へ行き、そこで全員揃って一泊して、一日目をすごした後、翌日の朝から上記した各自の計画にしたがって、旅行をするというものです。

決して自由行動という訳ではなく、あらかじめ決めた計画に従ってそれぞれが旅行をするのです。全員が同じ旅行会社を使って計画を立てているので、予定は全体として把握できているという形になっていました。そして、費用は会社が全額負担します。

その時、私は、せっかく北海道まで行くのだから、できるだけ北の方まで行きたい、しかし、時間には限りがあると、結局、層雲峡へ行くことにしました。この考え方はおおむね正解であったようで、列車で移動中も、日本列島の地図を頭に置いて、「私は今、こういう地域を走っているのだ」と積極的に意識することが出来たように思います。

昼食を摂るときも、山菜という名のついたメニューを選び、このあたりで山菜というとどういう物が出てくるのかと注意して観察するという結果が得られました。意識しないと、「山菜」といえばこのような物と言うように、京都近辺の食べ物が頭に浮かんでしまいやすくなります。

もしも、何人かで食べていたとすれば、ついつい、そういう状態に陥ってしまいやすいと思います。しかし、そうならないところが一人で行動することの利点です。一人で旅行することのメリットは、他の人の存在に影響されずに、自分の受け取り方、考え方を徹底して意識することが出来るという点にあると気づきました。

そして、層雲峡温泉はそれなりに有名な観光地ですが、そこには泊まらず、近くの大きい都市である旭川に泊まって、一部の場所に限定されず、出来るだけ話題を広げようとしたのでした。

当時は、旭川動物園は今のように特別に有名とはなっていなかったのですが、後に、動物の行動や生活を見せる「行動展示」という形式をとった動物園として全国的に有名になりました。その後、旭川動物園に習って、この行動展示という動物の展示方法を施行する動物園が増え、旭川動物園はたいへん有名になりました。

「旭川」を「あさひかわ」と読むのか、「あさひがわ」と読むのかという疑問も持っていましたが、両方あるのだとは、行っみないと判らないと思ったことも懐かしく思い出しています。

「一人ずつで行く社員旅行」の概要は上記の通りですが、念のために、終り方について触れますと、集合は札幌の公園内に設定された昼食会場に、決められた時刻に集まるとなっていて、結果は漏れなく全員集合、昼食後、タクシーで空港に向かい、予定の飛行機で揃って大阪へ帰還、めでたしめでたしでした。

社員旅行というと、会社として一定の目的があり、実施するとそれだけの意味があるのですが、普通の内容だけでなく、一工夫すれば、それなりの成果があると思います。上記は一つの形式ですが、よい面もあったと思っていますので、参考にしていただけると有難いです。

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

夜と朝の間に

~さかもっちゃんの知ったかぶりぶり 195~

このタイトルに「あぁ、ピーター(池畑慎之介さん)の歌ね」と大きく頷くのは、おそらく年齢が50代より上の方々。でも、今回取り上げるのは、ピーターさんのそんな名曲じゃありません。

今回、私が取り上げる「夜と朝の間」とは、長い人生のちょっとしたスキマ時間にして充電期間。英語で言うところの「サバティカル(Sabbatical)」に近い意味合いでしょうか。しばし仕事を離れ、自由な充電期間として使うことが出来る素晴らしい期間です。

ここでの「夜」は勤務先に退職届を出してから勤務先を辞めるまでの期間を指し、次の転職先で新たに仕事を始める時点が「朝」となります。つまり、今回のテーマの「夜と朝の間」とは、退職届を出してから、次の転職先で働き始めるまでの、1~2カ月間ほどのかなり自由な時間のこと。

こんな「夜と朝の間」を、過去、私は4度ほど経験しましたが、これまではここぞとばかり家族旅行などで遊びまくったものでした。子供たちの春休みや冬休みに合わせて「夜と朝の間」を設定したことすらありました。振り返ってみれば、これまでの「夜と朝の間」は、人生の節目節目におけるリセットボタンとでも言うことが出来るかも知れません。

さて、そんな「夜と朝の間」を、今回、再び迎えることになりました。人生5度目の「夜と朝の間」です。でも、今回だけは過去4回とはかなり事情が違います。子供たちは既に社会人として働き始めましたし、何より私自身が年齢を重ね、もうすぐ還暦、定年退職となるからです。

そこで、今回の「夜と朝の間」は、かなりマジメに「定年後の将来を見据えた戦略的自由時間」とすることにしました。次の人生ステージに向かって、新しい目標やテーマの研究調査にじっくり取り組んでいるところです。

ピーターさんが歌ってた「夜と朝の間に」は寒くて暗く、静かに眠るしかない時間でした。ですが、私の「夜と朝の間」はまったく暗くなんかありません。それどころか、とにかく明るく楽しい「黄金の時間」なんです。

これから迎える次の新しい「朝」は、これまでの朝とはかなり違った朝になることでしょう。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

第32回サラリーマン川柳コンクール

第一生命保険株式会社が主催する今年(平成最後)の「サラリーマン川柳」の優秀作品が5月に発表された。

個人的に〝これは!″と思ったものを挙げてみたい。

<ベスト100より>
第1位 五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし
第7位 手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち
第19位 病院へ 来ない仲間を 心配し
第29位 お犬様 俺の四倍 床屋代
第38位 俺四番 野球じゃなくて 風呂の番
第70位 人事異動 オレの後任 人工知能

<流行・話題編より>
食事前 カシャカシャ飛んでる インスタバエ
晩酌で 愚痴る相手は スピーカー

<職場編より>
こんなにも 仕事すすむか 上司留守
異動先 昭和生まれは 俺ひとり

<上司・部下編より>
上司より スマホに頼る ルーキーズ
飲み会に 残業付くかと 新社員

<親子・家族編より>
うちの孫 字は読めずとも 空気読む
俺のぐち 犬はまじめな 顔で聞く

<IT・通信より>
エーアイが 俺の課長に 昇進し

平成最後ということもあって
<平成の歴代1位作品より>
第6回 いい家内 10年経ったら おっ家内
第9回 「ゴハンよ」と 呼ばれて行けば タマだった
第12回 コストダウン さけぶあんたが コスト高
第15回 デジカメの エサはなんだと 孫に聞く
第17回 「課長いる?」 返ったこたえは 「いりません!」
第21回 「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!
第22回 しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ

今年度の詳細はこちらよりお楽しみあれ!

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »