« 古琵琶湖   | トップページ | 第32回サラリーマン川柳コンクール »

2019年5月31日 (金)

ビリギャルの講演会を聴いてきた

~ soji の今日もワクワク 251 ~

小林さやか。

この名前がすぐ分かる方はあまりいないでしょう。2013年に出版され、後に映画にもなった「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の主人公の名前です。ビックサイトで行われた展示会で特別講演をやるというので行ってきました。

私がこの本を読んだのはつい最近。著者はビリギャルを合格させた塾講師、坪田信貴氏であり、本の内容も成績の悪い生徒をいかに合格させるかのノウハウ本なのですが、いかんせん彼女のキャラクターがスゴイ。

登壇した彼女は開口一番、

「わあ、おじさまがいっぱい(ハート)!」

ギャルっぽい発言。しかしそんな彼女も今年で31歳になるそうです。セミロングでシックな色のゆったりしたサマーセーターにパンツ姿。ほっそりとした体つきで、とても可愛いお嬢さんでした。

彼女曰く、実際の体験は壮絶で、本や映画に出せないことの方が多かったとか。それは単なる合格体験記ではなく、母親(ああちゃん)の、自分を含めた3人姉弟(あね、おとうと、いもうと)に対する教育記だったそうです。

彼女の経験から、独自の教育論を展開するビリギャル。

まずは自分でワクワクすることを見つけ出そう。人間は感情の生き物。その感情が大切なのだと。そして目標を設定して具体的な計画を立てましょう。自己を肯定し、根拠はなくても自信を持って夢を公言しましょう。すると、そんな自分に対して出来る訳ないとバカにする人が出てくる。親、教師、友達・・・。彼らへの憎しみを、力に変えて行きましょう。憎しみは、大きなエネルギーになるから、と。

教育論は、どうしても上から目線になりがちです。立派な学校を出た講師が勉強した難しい理論を、教える、指導する。ビリギャル、小林さやかさんは、劣等生の立場で、自分を応援してくれたああちゃん、坪田先生に対し感謝の気持ちを込めながら、まさに下から目線で話をする。時おりギャルっぽい、頭の悪そうな話を交えながら。それは多分に彼女の演出でしょうが。ですから何の嫌味も無く、頭にも心にもスーッと入ってくるのです。

彼女は、大人は信じられなかったと言います。もし合格しても、もともと頭が良かったんでしょうと言われるに違いないと。努力したプロセスは評価されず、結果だけで判断される。だから自分は実際に講演をし、本(「キラッキラの君になるために」現在発売中とか)を書いたのだと。

それは、現代社会全般に言えることだと思います。国や会社、上司や先生、さらに親まで。今までの信用が音を立てて崩れてきています。これからは、原体験に基づき、自分の頭で考え、行動しなければならない。こうした教育論の構築に向かって、なんとあのビリギャルが挑戦しようとしていたのでした。

現在、彼女は独立し、大学院で教育学を勉強しているのだとか。推測ですが、自分の体験を学問的に裏付けようとしているのではないでしょうか。そして具体的なコーチング手法まで構築することを目指しているように思われました。

講演の最後に一言。

もし神様があなたに、書けばその望みがかなえられるプラチナチケットをあげるとしたら、あなたは何て書きますか、と。

私は迷わずこう書きます。

「90歳まで働ける、気力、体力、知力をください」と。

私は彼女が目指す、教育の世界にそのカギが隠されているのではないかと、現在考えているのです。

|

« 古琵琶湖   | トップページ | 第32回サラリーマン川柳コンクール »

カラフルエッセイ  sojiの今日もワクワク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古琵琶湖   | トップページ | 第32回サラリーマン川柳コンクール »