« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月24日 (日)

京都に津波はないと考えてよいか

~ おさむの鳥の目 227 ~

地震、雷、火事、親父、古い言い方ですが、怖いものの筆頭が地震です。地震と聞くと気になるのが津波です。「この地震による津波はありません」というアナウンスがあると安心するのですが、一方で、「京都には津波はないからな」という考えが頭の片隅に出てきます。

しかし、私の場合、本当にそう考えてよいのかなという思いは、いつも付いてきます。ということは、京都にも何時かは津波が襲ってくるかも知れないという心配をしていることになります。

京都は昔の人が、いろいろ考えて、災害が少ないからという判断もあった上で都を定めた。だから、他の土地に比べて災害は少ないのだと教えられてきたように思っています。しかし、そういう漠然とした安易な考えを持ち続けていてよいのかという疑問はありました。一度、自分でよく考えてみようというのが今回のテーマです。

「京都には津波はない」という考えに対して、日本列島の本州は、琵琶湖を境に東西に千切れるという言葉が頭の隅にあるからです。そこで日本列島の成り立ちについて調べると、大きく言えば、日本列島は、ユーラシア大陸の東端の部分が大陸から離れてできたらしいです。約3000万年前のことです。

もう一つ、それより東に別の塊があって、この二つがくっついて一つになった。その場所は、今の地図で言えば、北陸から東海道・関東に亘る地域です。この部分は地図で見ると、細長い日本列島の中では最も太い(幅広い)部分です。

こう見ると、日本列島がちぎれて、東西に分かれるという想定はあまりしなくてよいようです。そして、この日本列島ができたのは非常に古い時代のようです。時間について「非常に長い」というのは日常あまり考えないので、表現として頭に浮かぶのは「神代の時代から」くらいです。

今、たまたま、「神代」が出てきましたが、神様は肉体を持たない存在です。人間でも肉体を持たない存在になれば、長い時間を生きることができます。神様になるということです。私の少ない知識から言えば、「弘法大師空海」とか「天神菅原道真」が考えられます。

歴史上の人物だけでなく、現代人でいえば、「出口なお」、「出口王仁三郎」などの名前が出てきます。数えれば、もっと沢山の名前が挙がるでしょう。私はこの方面のことを語るのは適任ではないのでさし控えますが、地球の歴史を言うには普通の人間の寿命は短過ぎます。

地球は、巨大なマントルの塊の上にある地殻の表面に人間等が住んでいる物体と言えますから、考えればひ弱なものです。しかし、時間の要素を入れると、地球の歴史は長く、変動があるのは極々稀なできごとといえます。人間の寿命はごく短いので、あまり気にすることはないと言えるのかも知れないと、今は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亥年にブタを想う

~さかもっちゃんの知ったかぶりぶり 191

遅ればせながらですが、今年2019年は亥年。日本では十二支の「亥」といえばイノシシですが、中国ではブタを指します。十二支が中国から日本へ伝来した当時、未開の地だった日本にはまだ食用の家畜ブタが存在しなかったため、ブタの代わりに野生のイノシシを当てはめたことに由来します。

ブタ(学名 Sus scrofa domesticus)は生物分類学的には偶蹄目イノシシ科の動物で、原種であるイノシシ(学名Sus scrofa)を飼い馴らし家畜化したもの。学名に示されているように、生物学的にはまったく同じ種となります。

イノシシは雑食性で何でも良く食べ、しかも肉が美味しかったことから、農耕定住民により早くから家畜化されました。その家畜化の過程で、野生イノシシは文字通りキバを抜かれ、脂肪でぶよぶよに太った家畜ブタに成り下がってしまった次第。

ブタの原種であるイノシシは、東京近郊でもその野生の姿を比較的簡単に見かけることが出来ます。東京都西部の多摩地域や埼玉県の秩父地域には野生イノシシが多数生息していますし、ブタもイノシシも日本中どこでも見かけることが出来ます。実は、ブタとイノシシのように、家畜とその原種の両方を簡単に見ることが出来る動物はそれほど多くはありません。

ブタと同じく古くから家畜化されたニワトリやウシ・ウマですが、日本でその原種を見かけることはほとんどありません。これらの原種を御存知の方は少ないのではないでしょうか。

ニワトリの原種セキショクヤケイ(赤色野鶏)は東南アジアの山奥にしか生息していませんし、ウシやウマの原種は既に絶滅してしまいました。イヌやネコの原種も同様、中々見られませんよね。その意味で、家畜とその原種の両方を簡単に見ることが出来るイノシシとブタは特別な存在で、日本人にとって非常に身近なわけです。

さて、こんなブタとイノシシですが、ブタを野に放った場合、数世代後にはイノシシに戻ってしまうというのは意外と知られていません。先ほど、イノシシは「家畜化の過程で、野生イノシシは文字通りキバを抜かれ、脂肪でぶよぶよに太った家畜ブタに成り下がってしまいました」と書きましたが、驚くべきことに、なんと、家畜化の逆のパターン、すなわちブタからイノシシへの先祖返りも可能なんです。

ブタが野生化すると全身に剛毛が生え、キバが伸び始めて見た目がイノシシと同じようになります。食事もイノシシと同様、土の中にいる虫や植物の根っこを食べるようになります。環境の変化に応じて先祖返りし、見事に適応し生き残るブタ。こんな素晴らしい柔軟性と適応力に富んだ家畜、ブタの他にはいません。

ウマやウシ、ニワトリなどは人間の世話が無いと生きながらえることが出来ません。完全に家畜に成り下がってしまったのです。まさに「社畜」のよう。イヌやネコにしても、数世代後にオオカミやリビアヤマネコに先祖返りして野生で生き残る訳ではありません。ブタ以外の家畜は、人間あっての命なのです。

そんなワイルドなイメージを、まるまると太ったブタからは全く想像できないかも知れません。でも、ジブリ映画「紅の豚」のハードボイルドな主人公で飛行艇乗りのポルコ・ロッソこそが、まさに、そんなワイルドなブタのイメージにぴったりかと。

そのポルコの名セリフに、「飛ばねえ豚は、ただの豚だ」があります。この言葉通り、確かにブタは飛べません。でも、イノシシに先祖返りしてまで環境に適応して生き残りをかけるブタは、飛ばなくても決して「ただの豚」なんかじゃありません。

今年2019年 亥年、年男の私はブタからイノシシに変化します。「イノシシになれねえ豚は、ただの豚だ」を心に刻みながら。

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

続 風邪・インフル

~ わさくの悪知恵 220 

正月にもらった風邪は結局3週間近く長引き完治した。熱は出なかったものの咳が止まらないのには参った。

完治してからすぐに仕事場での新年の会議・懇親会が行われた。ほぼ毎年の恒例行事になりつつあり、全国に散らばっている社員たちも一同に東京に集まり、会議・懇親会が行われる。例年1月の3週目か4週目だ。

昨年のこの新年行事を境に社員18人がインフルに感染。現在全社で60人ほどの所帯なのでその1/3弱が感染したという恐るべきインフルの威力。

昨年ほどではないものの今年も8人がこの新年行事を境に感染。

今年は最新データで全国で280万人がすでに感染したという。

私は今までにインフルに感染した事はないし、予防接種も受けたことがない。特別なことはしていなかったが、最近愛読しているメルマガで風邪・インフル対策を紹介していたので、できるだけ心がけ実行し始めた。それらは・・・・

●手洗い、うがいとマスクの敢行。接触感染はドアノブやエレベータのボタン、自分のマスクや身体を触るなど、手を通して感染する。仕事環境によって異なるが、1~2時間に一度は石鹸で手洗いし、同時にうがいしたい。手を洗う環境がなければ除菌スプレーを使うのも効果的だ。(我が社ではその除菌スプレーを製造販売していて、毎年この時期はドル箱の売り上げを計上しているにもかかわらず社員の感染率はお恥ずかしい限り)

●個人的にはこれが一番と感じたのが、「水分補給」!ウィルスは水分が大の苦手!マメな水分補給が有効。町の内科のお医者さんがあれだけの数の患者を診ながら感染しないのはこれが大きいらしい。特に除菌作用の強いカテキンがたっぷり入ったお茶がおすすめ。ウィルスは粘膜感染するものであって、飲み込んでしまえば消化器管内では死滅してしまう。唾液が分泌されるガムもさらに効果的 ➡通勤・帰宅にはマスクをしてガムを噛むのが最強の組み合わせ。

●新幹線などを含む特急列車、飛行機はどこに座ったら良いか?正解は最後列。なんと飛行機は人の多さと乾燥によって日常生活よりも「113倍」も風邪を引きやすい場所だという。閉ざされた空間でも最後列にいれば感染リスクは軽減できる。映画館もそうした方が良いかも。

●トイレのジェットタオル。実に危険!水と一緒にウィルスも飛散させる可能性があり、できれば使わず、近づかない方が良い。

●自分のハンカチ、タオル。湿ったタオルやハンカチはウィルスが付着・増殖のリスクが。安心なのは使い捨てのペーパータオル。(同じくマスクも使い捨て感覚で安価なものを頻繁に代えるのが良い) 飲食店で出されるおしぼりもできれば包装されたもの以外は使わない方がよいかも。

・・・・などなど。

まだまだインフルの感染時期は続くようなのでできるだけ備えたい。

インフルが収まると「花粉」がぼちぼちと舞い始めるけれども・・・・

参考資料 メルマガ「がんばれ社長今日のポイント」、裴英洙著「一流の人はなぜ風邪をひかないのか」

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »