« 「右京区嵯峨野」という所 | トップページ | 安物買いの銭失い? »

2018年10月30日 (火)

百人一首の暗記に挑戦してみた 

~ soji の今日もワクワク 244  ~

だいぶ弱くなった記憶力を鍛えるために、百人一首の暗記を始めました。

実は高校時代に挫折した、苦い思い出があります。そこで今回は、自分なりに覚え方をいろいろと工夫してみました。

まずは、1番の天智天皇からではなく、今回は100番の順徳院からスタート。そして有名な歌人をマークして覚えることに。

例えば90番台ですと、97番の権中納言定家と93番の鎌倉右大臣。百人一首を選んだ藤原定家と鎌倉幕府第三代将軍の源実朝ですね。

さらに一工夫。比較的記憶の残っている1番と100番、2番の持統天皇と99番の後鳥羽院、3番の柿本人麻呂と98番の従二位家隆というようにペアで覚えるようにしたのです。

また、私にとって覚えられず苦しんだ歌、というのがあります。例えば34番、藤原興風(ふじわらのおきかぜ)の歌。

誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

「高砂の~」以下のフレーズは昔の記憶がおぼろげながら残っていました。問題は「タレヲカモシルヒトニセム」。全然頭に入って来ないのです。仕方ないので「鴨汁のタレを人にあげる」という言葉を充てて頭に叩き込みました。思えば歌人に対して随分失礼なことをしました。

そうして徐々に歌を覚えて行くにつれ、色々なことに気づきました。

まず百人一首は歌人がほぼ時系列で並んでいる、壮大な歴史物語だということ。大化の改新。藤原氏の台頭。やがて他家を振るい落とし、天皇家と血縁関係を結んで栄華を極めます。そして天皇家や武士団を巻き込んだ保元の乱。やがて貴族が没落、武士が勃興して鎌倉幕府が成立。その後承久の乱で終わる約600年間のまさに絵巻物だったのです。

また歌人の中には、天皇家はもちろんのこと、血縁関係が多いのも特徴です。例えば36番清原深養父(きよはらのふかやぶ)の孫が42番の清原元輔であり、またその娘が62番の清少納言といったように。特に、藤原氏は本流傍流と人間関係が実に複雑怪奇。

さらに、歌の背景で繰り広げられるエピソードも興味深いものがありました。例えば歌会で40番の平兼盛に負けた41番の壬生忠見は口惜しさのあまり衰弱死したという言い伝えがあるとか。思えば当時は、優秀な歌を集め、歌集に編纂することは立派な国家事業だったのですね。だからこそ宮廷内で競い合うように詠まれたわけです。

高校時代、百人一首は主に古典文法の教材として教えられました。やれ「けり」の品詞はどうだとか「ちはやぶる」とは「神」にかかる枕詞とか、「こそ」が付いたら係り結びになるとか・・・どうしてあんなにつまらない教え方になってしまったんでしょう。

確かにこれでもかと技巧を凝らした歌もあります。その素晴らしさは、古典文法を理解しないと分からないかもしれません。しかしこうして自分の心情を吐露し、花鳥風月や各地の名所旧跡などを織り込んで僅か三十一文字にまとめきって詠まれた和歌たちをもっと素直に、読み解くが大事だったのではないでしょうか。

中には自分の心情だけでない。例えば天皇が農民になってみたり、法師が愛しい男性を待つ若い女性になるなど、第三者の気持ちを想定して詠んだ歌も散見されます。また、自分では行ったことの無い土地を詠んでみたりと、歌人たちの想像力は、意外なほどの広がりを見せています。

先ほど紹介した34番の藤原興風の歌。老いて友がどんどん亡くなる孤独を詠んだとあります。そんなヒネくれた歌を詠む前に、自分の重ねた経験を後年に伝えるよう頑張れば、若い友人もどんどん出来て寂しくならないよと突っ込みたくなります。

いや、ひょっとすると興風は若者に人気があり「オキちゃん」などと慕われていたかもしれません。そして故郷の高砂(現在の兵庫県高砂市)にふと立ち寄った時に旧友の訃報を伝え聞き、日ごろ抑えていた心情を敢えて歌にして「へーあのオキちゃんがねえ」と言われたかもしれないのです。こうして自由に詠み手への想像を膨らますことはとても大事だと、今さらながら気づかされました。高校時代は、こんな授業はありませんでしたねえ。

文学的な位置付けに留まらず、美術的、歴史的、そして心理的な研究素材として素晴らしい百人一首。それを遊具として幼少から学べるようにした先人の知恵に感心せざるを得ません。やれ春は花見だ、秋は紅葉だと誰もがはしゃぐ。そして満月ならお月見、冬の露天風呂には雪見酒など、日本人のDNAの中には、古来からある美意識が脈々と引き継がれている。百人一首の貢献はとても大きなものだったのではないでしょうか。

学生時代、いやいや机に向かわされた辛い思い出ばかりの勉強も、大人になって見返してみて、全然違う魅力を再確認した次第です。百人一首を全部覚えろとは言いませんが、皆さんもお気に入りの歌を見付けてみてはいかがでしょうか。

|

« 「右京区嵯峨野」という所 | トップページ | 安物買いの銭失い? »

カラフルエッセイ  sojiの今日もワクワク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「右京区嵯峨野」という所 | トップページ | 安物買いの銭失い? »