« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

「ディスる」をちょっと考えた  

~ soji の今日もワクワク 243  ~

「大坂なおみ 全米オープンテニス優勝!!」

男女合わせて日本では、4大大会シングルでタイトルを獲得した初の快挙だそうです。にわかに盛り上がる中、私が着目したのは、彼女の名字「大坂」でした。

エッセイ仲間、さかもっちゃんと、とあるセミナーに出席した時のこと。30人ほどいる参加者が一人一人自己紹介することになりました。

「サカモト」と名乗る若い男性。まだ大学生だそうです。

「えーっと、サカモトのサカは、こざとへんのサカです。つちへんのサカは、土に反(かえ)るといって縁起が悪いので、こざとへんにしたそうです」

その後に回ってきたのが、我らがさかもっちゃん。

「えー、縁起の悪い方のサカモトです」

阪本君の言う理由で、明治維新後に大阪府が出来る際、「大坂」は「大阪」に変更されたとか。おそらく彼が得意にしていた自己紹介の決まり文句だったのでしょう。

さかもっちゃんの自己紹介で場内大爆笑。バツの悪そうな阪本君。まさか縁起の悪い坂本さんがいるとは思わなかったに違いありません。まだ大学生だからよかったものの、社会人だったら、大変なひんしゅくものです。

同じような失敗は私にもあります。

「sojiさんは、あまり白髪が目立たないですね」と言われ、

「おかげさまで。でもだいぶ薄くなっちゃって」

答えた瞬間、同席者の中に若ハゲの姿が。その方が私の言葉にカチンと来たかは定かではありません。しかしその後私は、実に居心地の悪い時間を過ごすこととなりました。

「ディスる」という言葉をよく耳にします。否定する、反対する、の意味ですが、最近は小ばかにする意味で使われることが多いようです。

漫才でボケに対するツッコミが、小ばかにしているように聞こえるせいか、普通の人でもディスっているような会話をよく聞くようになりました。

中には過剰反応をする人がいます。こちらに悪意がないにも関わらず、その言葉尻をとらえて怒る人。ディスられていると被害妄想的に考え、敵意をむき出しにする人です。

「今日は雨か。いやだなあ」⇒「雨の中で仕事をする俺をバカにしているのか」

「一時間に二本しか電車が無いのか」⇒「こんな田舎で悪かったね」

「もうこんな時間になっちゃった」⇒「すいませんね、仕事が遅くて」

ひどいのは、コンビニでの話。

「お箸をお付けしますか」⇒「俺に手で食えっていうのかよ」

ここまで来ると病んでいるようにしか思えません。まあ本当に心が弱っている時は、知らぬうちに世の中のみんなが自分をディスっている気になるものですが。

最近は特に、言葉には気を付けなければいけないと感じます。言葉には霊が宿る「言霊」があると、昔から言われてきました。ですからネガティブな言葉は出来るだけ使わない。無理をしてでもこじつけでもポジティブな言葉に置き換えるべきでしょう。

かの阪本君も、まず自己紹介の前に「坂本」さんがその場にいないか確認するべきでした。「坂」に対するディスりネタですから、もしいたとしたら、速やかに内容を変える。それが社会人のマナーです。大学生のうちに補正しないとトラブルのもとになりかねません。

私の場合も、身体的なことは、極力触れないようにすればよかったのです。「ハゲ」はもちろん、「デブ」「チビ」「ブス」などなど、ディスる言葉はまさに豊富。これらは封印すべきでしょう。

でももし言ってしまった場合は、このことは一切触れずに、別の話題で盛り上げるなど、フォローを心がけるべきでした。

「今日は雨か」⇒「のどに優しいんだよね」

「一時間に電車が二本か」⇒「待っている間ゆっくり考え事が出来るな」

「もうこんな時間」⇒「まずはここまではかどったことに感謝しよう」

コミュニケーションの中にネットの比重がますます増加している現在、しゃべり言葉はおろそかになりがち。それだけに、言葉選びは慎重にしないといけません。たとえ独り言でもネガティブなのは極力控え、ポジティブな言葉で置き換えるのを習慣にするべきです。

優勝した大坂なおみ(敬称略)のスピーチ。ネガティブな言葉は発しないよう、相当気を使っているのがこちらにも伝わって来ます。だからこその優勝でしょうか。

まだ二十歳でも、すごいことをやり遂げる人の言葉は味がありますね。若いからと言って失言は許されませんよ、阪本君!

| | コメント (2)

2018年9月25日 (火)

戦時中の教育と戦後の学校

~ おさむの鳥の目 222

先日、テレビから、「われわれは中学校の時、1学期と全然違うことを、2学期には学校から言われた」という言葉が聞こえてきました。誰かの意見なのか、ドラマのセリフなのか分かりません。終戦の時のことだなと思いました。私も全くその通りだったからです。

中学1年生の時に終戦を迎えた人は全員そうだったのです。小学校では完全に戦時教育で、私も中学校に入れば、陸軍幼年学校に行こうと決めており、中学校では「幼年学校受験クラス」に所属していました。夏休みも普段と変わらず、そのクラスに登校していました。

幼年学校を受験できるのは、中学1年生と2年生でしたから、そのクラスでは選抜された二つの学年の者が一緒に勉強していました。学校の一部が軍需工場になり、3年生以上は、動員されて、その工場で働き、2年生以下は、農業動員と称して農家の手伝いに行きました。

幼年学校受験組は農業動員にも行かず、教室で勉強していたのですが、ある時、空襲警報が発令され、先生の指示で、全員が防空壕に入ったのですが、この時、一つの事件がありました。学校の校旗を防空壕の一番奥に置くか、入り口近くに置くかという議論です。生徒たちの総意は、人が奥で旗は入り口近くという考えで、実際にもそうしました。

この判断に対し、後刻、校長先生から注意がありました。「校旗を奥に」でなければならないと言うのです。私は、訓練でなく本当の空襲警報だから、「人が奥」という生徒の判断の方が正しいと考え、戦時下の小学校教育を受けているにも関らず、子供の判断は歪んでいないと安心したことを思い出します。

これは8月夏休みに入った頃のことですが、その直後に8月15日の終戦の日がやってきます。この時はすでに幼年学校の受験番号も届いていて、8月23日に身体検査という日程も決まっていました。が、すべて何もかも無くなっていまいました。

そして、夏休みは終わり、普通に学校に行くのですが、冒頭に書きましたように、「1学期と全然違うことを、2学期には学校から言われた」のです。

呆然としたという言葉は全くその通りで、クラスの者と一緒に道を歩いている時、ふと「自分は今、何をしているのかと」思い、「待てよ」と考えてから、現在の状況を把握し直したことがあるのを鮮明に思い出します。

その後の学校の状態を書きますと次のようです。時の流れと共に、2学期、3学期は終わり。何事も無かったように2年生になり、3年生も終わって、旧制中学は全部の学校が新制高校に変わり、京都では半年後に、高校再編成というのがあって、旧制中学は多くが男女共学の新制高校になりました。

私は、通っていた旧制中学が新制高校にならなかったので、学区制で、住所によって決められた新制高校に編入されました。小学校6年、中学3年、高校3年(6、3、3制)の大きい変革に遭遇したのでした。

そして、戦時中の教育との関係という点からすると、ちょっとした出来事が一つありました。それは、「きけわだつみのこえ」という映画が作られたことです。

「きけわだつみのこえ」は第二次世界大戦末期に戦没した日本の学徒兵の遺書を集めた遺稿集で、類似した名前の映画が何本か製作されているそうです。街で上映されていたそれらの映画の中の一つを、学校から生徒がまとまって見に行くという行事がありました。

話の内容からして、国の戦時中の教育に関し、何かの考え方を示唆する部分があったようです。その映画鑑賞から帰った後、われわれのクラスでは教室で担任の先生から話がありました。話の詳細は記憶していませんが、戦前の教育に関係する、何らかの重要な意味を含むものでした。

終戦後、日が経っていましたが、学校や公的機関からは、戦時中と戦後の考え方の変化について、特に説明はなかったと記憶しています。この時の映画鑑賞後の担任の先生の話は、そういう意味でたいへん珍しいものでした。「指導者として謝るべきところがある」という意味を含んでいると思いました。敢えて、自分からそういう場を作って、そのような話をされたことに対し、その先生は勇気があると思いました。

| | コメント (1)

2018年9月24日 (月)

JR一筆書きの旅

~さかもっちゃんの知ったかぶりぶり 186~

JR有楽町駅から東京駅までの運賃140円だけで、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)を制覇しちゃいました。非合法なキセル乗車なんかじゃありませんよ。JRの駅員さんにも堂々と申告出来る合法的な方法で、です。

有楽町駅から東京駅は山手線でわずか2分、運賃140円ですが、「大回り」という乗り方があります。経路が重複せず、一筆書きの経路であれば、同じ値段(140円)で「大回り」して何時間でも電車に乗れるのです。こんな乗り方をモノ好きな人たちは「JR一筆書きの旅」と呼びます。

「JR一筆書きの旅」は、実際に乗る経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車できるという、ルールを逆手にとった遊び方。まぁ、たった1駅を移動するために遠回りに挑む、究極のヒマ潰し(← 我が妻の言葉)とも言いますが…。

さて、今回の「JR一筆書きの旅」ですが、モノ好きな仲間2人とともに、有楽町発14時30分から東京着18時30分までの約4時間の長旅にチャレンジしました。経路は以下の通り。

有楽町 → (山手線) → 新橋 → (東海道線) → 川崎 → (南武線) → 府中本町 → (武蔵野線) → 南船橋 → (京葉線) → 東京

最も大変だったのは、府中本町から南船橋までの武蔵野線区間。この区間の乗車時間は1時間30分と最長。そのため、座り続けて腰が痛くなってしまいました。幸い、仲間3人の旅でしたので、次回の旅企画などを語り合いながら気分を紛らわすことが出来たのが救いでしたが。言い換えれば、腰痛との闘いこそが「JR一筆書きの旅」の一番の醍醐味でもありました。

一方で、この武蔵野線での1時間30分の間、とても興味深い発見がありました。それは、乗車客で混みあう区間が見事にバラついていたこと。通常、都心から郊外へ向かう電車では、郊外になるに連れて段々電車は空いてきます。ところが武蔵野線ではそれがありません。

始発の府中本町ではガラガラだった電車が西国分寺でほぼ満員状態となり、新秋津や北朝霞にかけて段々ガラガラに。そして、武蔵浦和や南浦和で再び満員状態となり、南流山や新松戸にかけてガラガラに。最後は西船橋で3度目の満員状態。まるで呼吸しているかようにリズム感あふれる武蔵野線でした。

そして、もう1つの楽しみ。それは乗り換え駅でのエキナカ巡り。私は駅構内のエキナカ巡りが大好きで、今回も大いに期待していました。ところが、実際は失望の繰り返し。

東海道線から南武線に乗り換えた川崎駅構内だけは期待通りの立派なエキナカに驚きましたが、その後の府中本町や南船橋ではガッカリの連続。人は立ち食い蕎麦だけでは生きられません。甘いスイーツ系も必要です。エキナカが有名な立川や西国分寺でも降車するような工夫が必要だったかも知れません。

最後に、次回の目標で締めます。次は、同じ140円で、もっと大回りして関東1都6県の完全制覇を目指します。今回の1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)に加えて、北関東の3県、群馬、栃木、茨城を回ってみようかと計画中。当然、もっともっとローカル色が強くなりますから、乗り換え時間が長くなるなどして、おそらく3倍以上の時間を要するはずです。

究極のヒマ潰し(← 我が妻の言葉)への挑戦、まだまだ続けます。

| | コメント (1)

2018年9月16日 (日)

お知らせ

これまで、池さんから「池さんの歴史ナルホド!」を投稿していただいていましたが、都合で終了となりました。

「織田軍はなぜ今川軍に勝てたのか?」など、興味深く拝読しました。ありがとうございました。

| | コメント (1)

2018年9月10日 (月)

第31回サラリーマン川柳より

~ わさくの悪知恵 215

毎年5月に発表される、第一生命保険株式会社が主催する「サラリーマン川柳」コンクール。今年で31回目。入選作から私独断のお気に入りを紹介したい。

<ベスト100>より
第1位 スポーツジム 車で行って チャリをこぐ
第3位 ノーメイク 会社入れぬ 顔認証
第4位 効率化 進めて気づく 俺が無駄
第18位 汗だくは イケメンだけが 許される
第24位 父さんの 苦労知ってる 靴の底
第25位 ヨガマット いつしか昼寝の 敷布団
第28位 妻いない この日は朝から プレミアム
第41位 お腹出た? 「内部留保」だ 気にするな
第43位 改善を 提案すると 業務増え
第47位 天職と 言って転職 繰り返す
第55位 AIが 俺の引退 早めそう
第64位 辞めますも SNSで 済ます部下
第73位 制度より 働き方は 風土から
第77位 プレミアム おかげで木曜 残業だ
第86位 忖度し 娘と別に 選択し
第93位 履歴書に インスタ映えの 顔写真
第99位 飲み会に 部下を誘って 10連敗

<健康・美容>より
●待ち長く 診察2分 加齢です
●健康危惧 焦って手を出す 健康器具

<流行・話題>より
●忖度し 出世はずれて 損たくさん
●過去は「花」 今は「プレミア」 金曜日
●俺だって 競馬・パチンコ 二刀流
●お・も・て・な・し 4年たったら ち・が・う・だ・ろ

<職場>より
●部署の名が カタカナになる 何する部

<夫婦・男女>より
●休みいつ 昔合わせて 今づらす
●有給を 消化するにも 妻の許可

<その他>より
●駅遠く 住めば都と 誰言った
●頑張って 何とかなったのは 昭和だけ

昨年の流行語の「忖度」(そんたく)の登場が多いのが個人的には気になった。

皆様のお気に入りをこちらからお探しあれ!
http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/

| | コメント (1)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »