« 柔らかい発想をする | トップページ | 歴史の深読みと考察(歴史上の二人の天才兄弟:後編) »

2018年8月10日 (金)

「サマータイム」の導入?

~ わさくの悪知恵 215 

2020年(平成32年)の東京オリンピック・パラリンピックの開催に際して政府・与党が夏の時間を「2時間繰り上げる」
“サマータイム”の導入に向けて本格検討に入っているという。

まず私が個人的に昔から違和感を持っているのが「サマータイム」という呼称。これは「和製語」で、英語圏の方々にsummer timeと言っても、ただ単に「夏」を意味すると思うのでなかなか通じないはずだ。

一般的に英語(米語)で言うならDaylight Saving Time(DST)となるべくで、直訳だと「日光節約時間」になる。

両方でギャップがあるように思えるのでシンプルに「夏時間の導入」と謳えば良いと思うのだが・・・

現在約70ケ国で導入されているらしく、米国では多くの州で4月の第1日曜日から10月の最終日曜日までの半年間時計を1時間早めるこの時間制度。文字通り太陽光の有効活用が目的。

緯度が高く(特にヨーロッパ諸国、アメリカ、カナダ)、夏の日照時間が極端に長くなる国で有効なシステムと言えるようだ。

現在我が国で導入のコアな理由としては午前7時スタートのオリンピックの花形競技マラソンがもっとも涼しい通常時間の午前5時にスタートとなり、日が高くなる前にレースを終えることができるからだとされているらしい。

ただサマータイムの発想とは、1784年にアメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられるベンジャミン・フランクリンが「太陽の光をいっぱい取り込み利用しよう」とするアイデアからで、決して「暑さ凌ぎ」ではないのだ。

現在のところ与党では最も暑い6~8月を基盤に数か月だけ2時間繰り上げる検討に入り、平成31年に試験導入した上で32年の本番(オリンピックイヤー)に本格導入する案が有力だという。いづれにしても31年、32年の限定導入となる公算が大きいと。

元々日本でもこの制度は昭和23年、電力不足の深刻化などで連合国総司令部(GHQ)の指示で導入されたが、定着しないまま4年後に廃止された。

またロシアでも長年採用されていたが、2011年に廃止になっている。理由としては国民の健康不安(特に心筋梗塞への)が挙げられるという。

今回の導入のメリットとして考えられるのは、まずは時間の有効活用=特により涼しい時間帯から一日の始動、エネルギーの節約、アフターファイブからの消費拡大、家電、電波時計も売れ行きが期待され、その他夏時間対応ビジネスの台頭などの経済効果が期待されるという。

逆に予測できるデメリットとしては:

家庭内の時計を単に進めるという単純なモノばかりでなく、大きな工場や会社では時間設定などで生じるコストの部分で不安を感じる、夏の風物詩である花火大会などの催しも開始時間・終了時間が遅くなってしまう等々・・・

また勤勉な日本人、就業時間がきても外がまだまだ明るいので自然に残業時間が増えるとも・・・?

NHKのとある最新調査によると「東京五輪・パラ サマータイム導入」に賛成が51%、反対12%、どちらともいえないが29%と発表している。

さあ、果たして実際に「サマータイム」導入されるだろうか? もしそうだとしたらどのように? 

余談だが、私の大好きなジャズのスタンダードナンバーにジョージ・ガーシュインが作った「Summertime」がある。特に、好きなバージョンが27歳の若さで亡くなってしまった孤高の女性ロックシンガー ジャニス・ジョップリン(Janis Joplin)であるのでご覧あれ。(本文との関連性は極めて低い)
https://www.youtube.com/watch?v=wjRyHY2m7sw

<参考資料: Web版産経ニュース、Summer Time Perfect Navi, Wikipedia>

|

« 柔らかい発想をする | トップページ | 歴史の深読みと考察(歴史上の二人の天才兄弟:後編) »

コメント

サマータイムの導入。正直、森さんも変なことを言いだすなと思ってました。

オリンピックの暑さ凌ぎだけなら、マラソンのスタート時間を朝5時に繰り上げればいいだけだろうと。そのために、首都圏の交通機関も始発を繰り上げないと、観客も集められないでしょうが。

とにかく開催期間が盛夏でフィックスというのなら、どうやって暑さ対策をしていくのか。まさに火急の課題ですよね。ちなみに私はクーラーの効いた部屋で、録画を観るだけで十分です。

サマータイムを導入すると、要らぬ仕事を増やされると文句を言う人もかなり出るものと予想します。私個人としては、変化があって面白いかもと無責任な期待感はありますが。

ジャニス・ジョップリンの歌う「サマータイム」。随分苦しそうですね。英語が分からないので何を歌っているのか不明ですが。まさかサマータイムなんて止めた方がいいと言っているわけではないですよね。

とにかく確実に再来年の「夏が来る」。私は、大黒摩季の歌詞なら理解できます。つまらない結びで申し訳ありません。

投稿: soji | 2018年8月18日 (土) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柔らかい発想をする | トップページ | 歴史の深読みと考察(歴史上の二人の天才兄弟:後編) »