« 無料&癒しの集中思考創造空間 | トップページ | 本来の姿、本来の味 »

2018年6月29日 (金)

自宅近くの竪穴住居跡

~ おさむの鳥の目219

先日、自宅近くで京都市埋蔵文化財研究所の人の「発掘調査から見える広隆寺のすがた」という話を聞く機会がありました。「発掘調査」という言葉は聞いて知ってはいましたが、具体的な話を聞くのは初めてでした。

京都市右京区太秦(うずまさ)の広隆寺は、聖徳太子ゆかりの、京都でも古いお寺で、知名度は抜群と私は考えています。聖徳太子が百済から入手された仏像を、誰か祀る者はいないかと言われたのに対し、秦河勝が私が祀りましょうと言って、広隆寺を建て、本尊にしたと伝えられています。

この仏像が、国宝第一号と言われている、有名な弥勒菩薩半跏思惟像です。日本で有名な人はというと、聖徳太子は真っ先に挙げられることと思います。その聖徳太子と関係深いということから、秦河勝や広隆寺は有名なのだと思っています。

私にとっては、入学した小学校が広隆寺の近くの太秦小学校でしたから、太秦や広隆寺は身近な存在です。その広隆寺を発掘調査という観点から専門的に調べたという話ですから、上記「発掘調査から見える広隆寺のすがた」の話は真剣に聞きました。

昔の広隆寺は、現在の敷地よりはかなり広かったようで、現在は、広隆寺の敷地の外にある東映太秦映画村も当時は広隆寺の敷地内であったそうです。

そして、発掘調査の結果、意外なことに竪穴住居跡が発見されたのです。しかし、意外と思ったのは、私の知識不足のためです。竪穴式住居は、「竪穴」という言葉に影響されたためか、随分古い時代に使われていたと思ってしまうのですが、実はかなり長い間、使用されていたのだそうです。

土地を掘り下げて、居住スペースを作り、その上に屋根や壁を作ると、使用する建築材料が節約出来、合理的なのだそうです。このため、思いのほか長い期間、この形式の住居は造られていたということです。

ですから、飛鳥時代に竪穴住居があったのかと意外に思ったのは認識不足で、秦氏によって広隆寺が建てられた時代には竪穴住居は普通の存在だったのです。「嵯峨野地域の弥生時代から飛鳥時代の集落跡一覧表」には「○○町遺跡」という、現在でも場所が特定できる遺跡が11か所収録されています。

そして、そのそれぞれに、竪穴住居跡○○棟検出と詳細に記録されています。このエッセイの標題を「自宅近くの竪穴住居跡」としましたから、最も近い所を挙げますと「上ノ段町遺跡」です。ここには、太平洋戦争後に建てられた蜂ケ岡中学があるのですが、その増築工事に伴い「飛鳥時代の竪穴住居10棟、堀立柱建物5棟が検出」という記載があります。

その上、住居跡というと、その場所にずっと住み続けていた人の住まいと考えられやすいのですが、これも間違いです。広隆寺建設の工事が終わりに近づくと、このような住居は造られなくなったという事実があり、ここに住んでいた人は工事に携わった人で、その後、他へ移動したようです。

ところで、広隆寺は「蜂岡寺」とも呼ばれてきたのですが、私の家の近くに蜂ケ岡中学という学校があります。お寺とは関係ないのですが、その学校の工事中に飛鳥時代の竪穴住居が検出されたという記録もあるということです。

蜂ケ岡中学は、自宅から北東400メートルの場所にあり、以前は竹薮であったところを切り開いて学校が建てられました。その工事の様子は家の窓から見えましたので、とても身近に感じられます。

工事が行われていた当時は、竪穴住居跡についての知識がありませんでしたが、今、振り返って考えますと、自分は京都嵯峨野の、飛鳥時代から続く土地に生まれ、今も住み続けているという、謂わば特殊な存在なのだと考えなくもありません。ただし、親は私が生まれる前に京都の街中から移住してきたので、土着の人間ではありませんが。

|

« 無料&癒しの集中思考創造空間 | トップページ | 本来の姿、本来の味 »

カラフルエッセイ  おさむの鳥の目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無料&癒しの集中思考創造空間 | トップページ | 本来の姿、本来の味 »