« 弓月国(ゆずきのくに)という地域 | トップページ | 柔らかい発想を身につけよう »

2018年5月30日 (水)

安かろう、良かろう、を考える  

~ soji の今日もワクワク 239  ~

JR東北本線「栗橋」駅は埼玉県久喜市にあります。縁があり、初めて降り立ちました。埼玉県の北のはずれ。利根川をはさんで向こうは茨城県です。

降りてびっくり。商店街も無く、駅前に飲食店が数店。あとはタクシー乗り場だけ、田舎の風情満載です。昼食時、何を食べようかと言っても選択肢はほとんどない。仕方なく日本そば屋に入りました。「十割そば850円」を頼むことに。

私は立ち食いそばが好きで、週に2~3度は食べています。天ぷらを乗せても400円程度。最近駅前でよく見るようになった「富士そば」のもりはなんと330円です。だから850円はいかにも高い。しかし一口食べて思い出しました。打ち立ての香り。しこしことした歯触り、そしてのど越し。しょっちゅう食べているのに、本来のそばの味を忘れていることを。

ただ私は立ち食いそばを悪く言うつもりはありません。店によっては24時間、いつでも手ごろな価格で美味しく食べさせてくれます。「安かろう、悪かろう」ではない、まさに「安かろう、良かろう」の定番です。

そばだけではありません。私たちの周りには安くて良いものがあふれています。例えばコーヒー。マクドナルドのSサイズのホットは何と100円。それで店内で結構粘れます。

回転寿司は休日になると、どこの店も家族連れで一杯。最近はラーメンやうどん、うな丼やケーキも提供されています。それも専門の店よりも安い価格で。

スーパーマーケットや衣料商品、100円ショップなどの流通業。宅配などのサービス業も、まさに良心的。本当にありがたいことです。

しかし安いものはなぜなのか。そばにしろ、コーヒーや寿司にしろ、ちゃんと人手を介したものは、それなりの価格がすることを再確認するべきでしょう。

一方、ネットでこんなコラムがありました。入社一年目の女子社員。仕事で頑張ったと言うので廻らない寿司屋に連れて行ってご馳走した上司。ところが、彼女、浮かない顔をしています。せっかくのにぎりも手を出さず、せいぜい刺身数切れに箸を付ける程度。店を出て、何が気に入らなかったのか聞いてみると、なんと驚くべき答えが。

「だってあの板前さん、寿司を素手て握っているから」

だそうです。不潔で食べる気にならなかったとか。確かに廻る寿司屋ではシャリは機械が型にご飯を押し込んで吐き出すだけ。仮に人が握ったとしても使い捨てのビニール手袋をはめている。

寿司は素手で握るから美味しいのだと知らぬまま、大人になってしまった彼女はなんと可哀想なことか。ネット上での話ですから、どこまで真実か分かりませんが、廻る寿司屋で喜んでいる子供たちを見ていると、きっと本当のことだと思います。

またこんな話もあります。

横浜から田舎暮らしを始めたくて岡山に引っ越した方。年に10度ほど仕事で東京に出てくるのですが、とにかく野菜が不味いのだそうです。驚いたのは、この野菜を食べていると口内炎が出来てくる。そして岡山に帰るとすぐに治ってしまうのだとか。私たちの食べている物は、本当に安全なのか。心配になって来ます。

栗橋で十割そばを食べてから、私はたまには「良いから高い」ものを経験しようと努めています。と言っても大したことではありませんが。

例えばコーヒー。専門店で500円近いお金を払い、一杯ずつサイホンで淹れてくれるコロンビア。当然ブラックで。100円では味わえない酸味とコクがそこにはあります。

例えば寿司。店にもよりますが、ランチのにぎりなら1,000円程度で食べられます。米と米の間に微妙なすき間があるシャリは、まさに職人技。有名店に行かなくても、回転寿司との違いは充分分かります。

野菜は生産現場まで行かないと難しいかもしれません。久しぶりに採れたての甘いトマトなんか食べてみたいですね。

先人の血がにじむ努力の結果、私たち現代人は安くて良いものを手に入れられるようになりました。だから時にはこうして「良いから高い」を振り返らないといけないと思います。

ひょっとすると、素手で握った寿司の食べられない女性のように、本来の良さを識別する能力を無くしているかもしれません。それが安心安全に関するものだとしたら、実に怖いことですね。

|

« 弓月国(ゆずきのくに)という地域 | トップページ | 柔らかい発想を身につけよう »

カラフルエッセイ  sojiの今日もワクワク」カテゴリの記事

コメント

ツイッターで「ソーメン二郎‏」さんが、次のように言っています。s0jiさんと同じ考え方です。

美味しい『手延べ』そうめんが売れずに、リーズナブルな『機械麺』や流水そうめんが売れています。手延べそうめんが売れないと手延べそうめん職人の後継が何年後にはいなくなるのが現実です。少しの値段の違いで大きな味の違いがわかります。

投稿: ひねのり | 2018年5月30日 (水) 10時43分

そうめんは、手延べを必ず選んでます。おっしゃるように味が全然違う。ここは妥協したくないですね。今年も手延べそうめんを食べて貢献します。

投稿: soji | 2018年5月30日 (水) 12時03分

sojiさん、今月も楽しく読ませていただきました。
私がムスメちゃんに甘く、喫茶店でタッカーいパフェ食べさせたのも、カニづくし寿司一皿千円!っちゅうのを目の前で握ってもらって食べさせたのも、妻には怒られましたが、sojiさんが肯定していただいたようで嬉しいです😃
今度コロンビア🇨🇴、飲んでみたいです(^_^)

投稿: たつみ | 2018年5月31日 (木) 00時23分

たつみさん、お読みいただきありがとうございます。出来ればムスメさん、食べ比べが出来るといいですね。高いのは何が違うか。安くてもいいのはどこか。漫然と食べてしまうと勿体ないです。ぜひ同じモノを食べて共感してあげてください。

投稿: soji | 2018年5月31日 (木) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弓月国(ゆずきのくに)という地域 | トップページ | 柔らかい発想を身につけよう »