« 発想多彩クラブとともに平成時代を歩んできた | トップページ | 歴史の深読み(桶狭間の戦い) »

2018年5月10日 (木)

2018年5月2日

~ わさくの悪知恵 212 

朝、珍しく普段よりも早く目覚めて自宅を出勤のため出発。

ここ数年「5月2日」は私にとって鬼門の日だ。

某テレビ局が頑なに「大型連休」と呼称するのに違和感を持つゴールデンウィーク谷間の「平日」。3日からの連休後半の前日だ。

何故鬼門かというと、毎年何故か「休んでいる面々のため働かされる」からだ。不思議と毎年そんな案件がわが身に降り掛かって来る。さて今年は如何に?

出社してみると現在10人体制の我が部署ですでに3人が有給取得済み。

私自身はこの連休の谷間にやっておかなければいけないミッションが一つあった。

とある「有価証券」の海外への送付だ。

その昔はその証券の裏にサインをして書留扱いで送付していたものだが、現在は電子化のデータの送付でOKになったので便利な時代を感ずる。幸い発行する業者から前日に受け取って早々と相手方に送付済みなので一安心なのだが・・・・

午前中は大事も発生せず昼休みに。

ここで2人が午後半休のため退社。

気分転換ではないが、仕事場近くの「1,000円カット」のサロンにヘアカットに。すぐ近くで税込み¥1,080で約10分で仕上げてくれるし、何といっても仕上がりが大のお気に入り。ただ仕事柄(巷の美容室が顧客)、あまり1,000円カットに通っている事は大きな声で言えない。

帰りにコンビニで昼食を買い、仕事場で頬張っている最中に電話が・・・・

前日に有価証券を送った相手からだ。あわてて食べ終え、その対応へ。

少し微妙な案件だったが、何とかこちら側で出せる答えを先方に提出。あとは先方側での対処を依頼。

そうこうしているうちにさらに2人が打ち合わせのため外出〜直帰。残ったのは私を含め3人。

こんな状況の中、例年数件の「ピンチヒッター案件」が発生するのだが、恐ろしいほど静かに時間が過ぎていく。

結局今年は何も発生せずに終業。少し拍子抜けだ。

毎年ゴールデンウィークを迎えるにあたり、昔ある大手商社に勤められていた知人が言ったコメントを思い出す。

それは「経済先進国ほど国民の祝日は少ないが、自由に有給休暇が取りやすく、経済発展国、後進国ほどその逆だ。そういう意味では、残念ながら我が国は後者に当たるのかも」というもの。

この辺が最近指摘されている日本の「労働生産性の低さ」にも関連するのかなあと考えながら退社準備を。

さあ今日は地元の立ち飲み屋で一杯やって帰ろうか?

おつかれさま、自分!

|

« 発想多彩クラブとともに平成時代を歩んできた | トップページ | 歴史の深読み(桶狭間の戦い) »

カラフルエッセイ  わさくの悪知恵」カテゴリの記事

コメント

私が勤める会社は製造業で労組があり、メーデーは会社は休み。ですから今年5月2日に有休をとればなんと9連休でした。でもこの日は出社しましたよ。

今年は義母の一周忌、実母の五十周忌があり、またリビングのエアコンが壊れ、買い替えのため臨時出費。懐具合も寂しかったので、どこにも行かず。だから出社しました。

9連休より4連休が2回の方が嬉しいし。でもこの日にトラブルがあるのはイヤですねえ。無事過ごされたようで、お疲れ様でした。

ちなみに4月28日の高円寺大道芸大会はエッセイ仲間、さかもっちゃんと行ってきました。毎年追っかけている加納真実には顔を認識していただき、記念写真も撮れる間柄になりましたよ。

投稿: soji | 2018年5月12日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発想多彩クラブとともに平成時代を歩んできた | トップページ | 歴史の深読み(桶狭間の戦い) »