« プレミアムフライデーは何処へ | トップページ | 地元飲みの楽しみ »

2018年4月14日 (土)

歴史的事実の背景を考える(源氏物語の誕生)

~ 池さんの歴史ナルホド! 05 ~ 
                                   
今まで4回にわたって歴史を学ぶおもしろさについて語ってきた。今回はその5回目である。今回は、歴史的事実はなぜそれが起こったのか、当時の歴史的背景を考えてみるとおもしろいということである。

例えば、『源氏物語』について考えてみる

「いづれの御時にか女御更衣あまた侍ひ給ひけるなかに、いとやんごとなき際にはあらぬが、すぐれてときめき給うありけり」で始まる『源氏物語』は、平安時代の中頃、紫式部によって書かれた54帖にもわたる長編小説の大作であることはよく知られている。

この小説は日本ばかりでなく世界的にも評価が高い。考えてみれば不思議である。今から千年近くも前になぜこれほどの作品が生み出されたのだろうか? 今回はその歴史的な背景を考えてみる。

1 当時は教養の高い宮中女官がたくさん出た

源氏物語の作者は紫式部という女性だと言われている。なぜ彼女は『源氏物語』が書けるほどの高い教養を持ち得たのだろうか?

彼女は平安時代の藤原氏による摂関政治全盛期の時代に、摂政藤原道長に高い教養を見込まれ、道長の娘、中宮彰子にいわば家庭教師のようなものとして仕えた女官である。

当時の貴族の婚姻は男性が女性の家を訪問する「妻問婚」であり、貴族の出世や勢力拡大に娘の嫁ぎ先が大きな関わりをもった。

出世を願う貴族にとって、その手段として娘の教養が重視され、そのためすぐれた才能を持つ家庭教師としての女官(女房・侍女)が必要とされた。

そこで、紫式部の父も娘をそのような高い教養を持つように育てたのである。同時期に紫式部のライバルとされる清少納言は皇后定子に仕え、『枕草子』という高い教養を必要とする随筆を著した。

2 当時は「平仮名」が生まれ、宮中女官は「平仮名」を使って表現できた

当時の文学には、紫式部の『源氏物語』や清少納言の『枕草子』以外に、藤原道綱の母の『蜻蛉日記』や和泉式部の『和泉式部日記』や菅原孝標の娘の『更級日記』など女性の手によるものが多い。

これはなぜだろうか?それは、当時の宮廷女官が高い教養を持っていた他に、平安時代初期に生まれた「平仮名」との関わりが深い。

「平仮名」は漢字の草書から生まれた日本独特の文字である。筆記が容易な平易な文字であるばかりでなく、一音ずつに対応するので、難しい漢文ではなく普段彼らが使っている日本語の文で表現する時にも大変便利であった。

しかしながら「平仮名」は、当時の正式の文字である「漢字=真名」に対し、一段低い「仮の文字=仮名」と考えられていたために、男性より一段低く考えられた女性だけが用いるものとされたということが深く関わっている。

そのため、情景描写や当時の人々が自分の思ったことや感じたことなどを豊かに表現することは、「平仮名」を使用する女性の得意とするところとなったのであり、当然『源氏物語』にも「平仮名」が多用されている。

つまり紫式部が「平仮名」が使えたことが、『源氏物語』の優れた情景描写や感情や思いの豊かな表現を可能にしたのである。
 
3 当時は、宮中は華やかな生活と男女の交流の場であった

『源氏物語』には、貴族たちの宮中での華やかな生活と男女の交流が盛んに描かれている。

当時の平安貴族の生活は経済的にも恵まれ、文化も成熟して国風化し、華やかな宮中生活が営まれた。

また、当時は娘の嫁ぎ先が男性貴族の出世と深く関わりがあったために、宮中での男女の交流は盛んであった。

そのような中で暮らしていた紫式部や『源氏物語』の読者である貴族たちにとって、華やかな宮中生活と男女の交流は大きな関心事であり、『源氏物語』の執筆に強く影響を与えたのであろう。

|

« プレミアムフライデーは何処へ | トップページ | 地元飲みの楽しみ »

カラフルエッセイ 池さんの歴史ナルホド!」カテゴリの記事

コメント

源氏物語の誕生、楽しく読ませていただきました。文学だけでなく、歴史的な側面からの分析、新鮮でしたねえ。

光源氏のモチーフは、藤原道長との説もあるようで、貴族文化絶頂の時代に書かれた文学なのですね。

後世、男尊女卑の思想が高まったためか、女流作家はほとんど歴史上に出現していません。いや、私が知らないだけかな。歌人も鎌倉時代以降、ほとんど分からないし。

そのあたり、またご紹介ください。

投稿: soji | 2018年4月24日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレミアムフライデーは何処へ | トップページ | 地元飲みの楽しみ »