« 脳のひらめき | トップページ | プレミアムフライデーは何処へ »

2018年3月27日 (火)

感動力を養う  

~ soji の今日もワクワク 237  ~

2017年10月の衆議院選挙。私の住む和光市がある埼玉四区ではスターが生まれました。

豊田真由子元代議士です。 「このハゲー!」で物議を醸すも無所属で再出馬し、華々しく散って行きました。彼女を見て一句。

四区ではハゲの候補者いなかった

結局どこにも発表せずお蔵入りにしましたが、これをきっかけに本格的に川柳を始めました。

発想多彩ひろばの主催者、さとうさんが活躍する毎日新聞、万能川柳に私も投稿することに。

ハガキ一通に3句書き、週に4回を目標に投稿し続けました。

しかし3カ月続けても何の音さたも無し。一方、さとうさんの柳名「ひねのり」は紙面にしばしば登場するではないですか。

思った以上のハードルの高さに、ついさとうさんにメールで弱音を吐いてしまいました。すると、こんなお返事が。

・・・(前文略)・・・

目標が辛いものだと、確かに続きません。
川柳も、載ることが目標では辛くなります。

川柳においては「うがち」が命です。
うがちとは「見過しがちな事実に気づく」ことです。

なので、気づく(そして句ができる)ことに川柳の喜びがあります。
ここを目標にできればいいですね。

「水平線こんな小さなグラスにも」(山上秋恵)

という名句(万能川柳・秀逸句)がありますが、素晴らしい気づきですね。

「毎日が初体験」でも書いたように、私は厳しい目標を立てたがる癖があります。楽しむために始めた川柳についても、知らず知らずのうちに自分を責めていたようです。

「見過しがちな事実に気づく」「気づくことに喜びがある」これらの言葉で随分楽になりました。

そして3月12日月曜日の朝、さとうさんからのお祝いメールが。あらためて紙面を確認すると・・・ ありました!

和便器じゃたせぬ身体になりました (和光 soji)

ちょっとレトロな喫茶店のトイレにはいったところ、あるのは和便器だけ。しゃがむのがこんなに苦痛になってしまったことに気づいて詠んだ一句です。「たせぬ」は足せぬ。排泄だけでなく、満足感にもひっかけてみたのが評価されたのかもしれません。

東京地方はサクラが開花。あちこちで花見が行われています。しかし道端に目を転じれば、名もない雑草でさえ小さな花を咲かせています。

気づきは感動する力。どんな些細な発見にも動く心を持ちたいものです。

川柳は私にとって、感動力を養ういい訓練になってきました。決して力まず、楽しさを忘れず続けて行きたいと思っています。

|

« 脳のひらめき | トップページ | プレミアムフライデーは何処へ »

カラフルエッセイ  sojiの今日もワクワク」カテゴリの記事

コメント

投句の掲載、おめでとうございます㊗️
歌を詠み、現して相手に伝えるということは
感動するチカラがないと成り立たないのだなと改めて教わった次第。「気づくことに喜び」いい言葉ですね(^_^)
些事にかまけず、モノゴトに心動かすことを忘れないように心がけたいものです。

投稿: たつみ | 2018年3月30日 (金) 08時45分

たつみさん、ありがとうございます。
結局3月は、12日の他、15日、31日と3句、掲載してもらいました。応援、ありがとうございました。
まさに、 サンクス! です。

神は細部に宿る、とか申します。些事への鋭敏な視線を大切に育てていきたいと思います。

投稿: soji | 2018年4月 2日 (月) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳のひらめき | トップページ | プレミアムフライデーは何処へ »