« 「流域地図」から考えてみる | トップページ | 続・得をするクセ、損をするクセ »

2018年2月24日 (土)

神経だけではなかった

~ おさむの鳥の目215

人体の中の情報伝達手段は神経だと考えていました。そして、その中枢が脳で、この脳が総てを判断していると考えて、何の疑問も持っていなかったのです。ところが、先日、NHKテレビの「人体神秘の巨大ネットワーク」という番組を見ていて、その考えはとんでもない間違であることに気付きした。

最初の話は腎臓で、腎臓は単に尿を造る臓器であって、体内の不要な物質を体外に排出しているだけと考えられやすいのですが、実はそうではなく、必要な物質を再び体内に戻している。そして、この戻される量は予想以上に多く、しかも、腎臓は、他の臓器に指令を出して、身体の状態を正常に保つように常にコントロールしているというのです。

このように腎臓は非常に重要な働きをしているのですが、その腎臓が出す指令は、メッセージ物質という小さい粒であって、この物質を他の臓器に送ることによって情報を伝達しているのです。

番組では、これを臓器同士が会話をしていると表現していましたが、これは、情報が神経を伝って伝達され、その中枢の脳が判断して、総てを決定しているという私の認識とは大変かけ離れたものでした。

人体は複雑で、総てを一箇所で処理するのは効率がよくないので、それぞれ必要箇所ごとに判断し決定するようになっていると考えるとよいのかも知れません。むしろ、このようになっていないと、生物として生存できないと考えるのが正しいのでしょう。

それよりも、神経という構築された経路を通って、情報が伝えられるのでなく、メッセージ物質という物質を使って情報を伝えるという方法が、この場合たいへん優れているのだろうと思いました。

ところで、このような臓器の中の話ばかりでは、面白くないので、この番組のことに触れます。司会は、ご存知のタモリさんとノーベル賞学者の山中伸弥教授です。タモリさんは、28年も前にNHKの「人体シリーズ」の司会をされているそうです。

そして、今回の企画は「人体神秘の巨大ネットワーク」という、「NHKスペシャル」の中の大型特別企画で、日本のドキュメンタリー特別番組だということです。

そこで、話を戻しまして、この「メッセージ物質」とは何か。ネットで検索して調べてみました。例えば「ホルモン」はと調べると、下記のような答えがあります。

「ホルモンは、、狭義には生態の外部や内部に起こった情報に対応し、体内において特定の器官で合成・分泌され、血液など体液を通して体内を循環し、別の決まった細胞でその効果を発揮する生理活性物質をさす。」

「メッセージ物質」についても、このような答えが出て来ることを期待したのですが、結果は残念ながら、このような簡明な記述には出会えませんでした。

そこで、たくさんの説明の中から一生懸命よみ取って、私なりに理解したのは次のようなものです。

これは、腸の細胞を映像で捕らえたものですが、「ある状況のときに、腸にある絨毛という部分に焦点を当てると、その中がキラキラと輝いていた、そして、この後起きた変化は腸の細胞からミクロの物質が噴出した。この噴出したものはなにか?これが血液に乗って全身に運ばれる。そして脳や胃やすい臓などに腸からのメッセージを伝える」ということが書かれていました。

これは、例えば「ご飯が来たぞ」という情報でもよいのですが、腸が他の臓器にメッセージを伝えて、これを受けた臓器がそれに対する準備をするのです。「メッセージ物質」とは、このような機能をはたしている粒であると理解できます。

このように、身体内の情報伝達は、神経系統だけでなく、血液など体液を通して体内を循環している物質によって体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、私たちの体は成り立っているのでした。

|

« 「流域地図」から考えてみる | トップページ | 続・得をするクセ、損をするクセ »

カラフルエッセイ  おさむの鳥の目」カテゴリの記事

コメント

こんな話を聞いたことがあります。

身体の中で、自分の意識でコントロール出来ないもの、それは内臓である。内臓たちを管理しているのはいったい誰だろうかと。

おさむさんのエッセイを読んで思い出しました。お互い会話する内臓たち。部下たちを把握できてない社長のもとでの会社組織の様ですね。

飲みすぎてばっかりで俺たちのことを全然考えてくれてない。私も肝臓にこんな陰口をたたかれているかもしれません。

投稿: soji | 2018年3月16日 (金) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「流域地図」から考えてみる | トップページ | 続・得をするクセ、損をするクセ »