« 戌年に犬を想う | トップページ | 心のゆとりをプレゼントされた »

2017年12月24日 (日)

ロープウェイ比叡駅

~ おさむの鳥の目213

「駅名ものがたり」には続編がありす。本編は、京福電鉄嵐山線の本線と北野白梅町へ行く支線の各駅について書かれています。これに対し、続編は京都の東北部分を走る叡山電鉄の各駅が取り上げられています。

嵐山線も京都の古い文化に関係深い地名や駅名がたくさん出てきて興味深いのですが、続編の叡山電鉄の各駅も、これに負けていません。取り上げている各駅は、玉依姫(たまよりひめ)の昔から伝えられる「貴船口」など、話題豊富なものばかりです。

これらの中の幾つかを取り上げたいとは思うのですが、丁寧に書いていくと先に進めないので、思い切って一気に最終まで行ってしまいます。叡山電鉄の目的の一つは比叡山へ行くことですから、少なくともこの線の終点である「八瀬遊園駅」くらいにはページを割くべきところですが、先を急ぎます。

叡山本線の終着駅である「八瀬遊園駅」の近くには「ケーブル八瀬遊園駅」があり、ケーブルカーで山に登るようになっています。この鋼索道線は、大正十四年(1925)に敷設されたもので、延長1458メートル、所要時間約9分。平均勾配23.8度。急勾配度東洋一といわれているそうです。

終着駅の名前は「ケーブル比叡駅」で、そこから先はロープウェイで山頂へ行きます。駅名でいうと「ロープウェイ比叡駅」から「ロープウェイ比叡山頂駅」です。このロープウェイは昭和三十一年(1956)開通、距離は0.5キロメートル、正式には架空索道というのだそうです。

駅名は、言うまでもなく駅舎が所在する山の名前で、古くは日枝山と書き、大山咋神を祀る霊山として神聖視されてきたが、伝教大師最澄が王城鎮護のため山頂に延暦寺を建立して以来、比叡山と改められたとあります。

比叡山は、都の東北にそびえ、北は比良山系に連なり、京都と滋賀県にまたがっています。私のように、京都市に生まれ、そのまま80年を越えて住み続けている者にとっては、比叡山を京都のものと考えてしまいやすいのですが、それは間違いで、滋賀県側とのつながりが強いことを付け加えねばなりません。

ケーブルカーも、上記京都側からだけでなく、滋賀県の坂本から登るルートも有力であることを強調しなければなりません。歴史的、文化的にも重要な要素が多くあります。

さきほど、「比叡山は、都の東北にそびえ」と書きました。これに対し、京都には西北にそびえる山があります。愛宕山です。私は京都盆地の西の方に住んでいますので、この愛宕山に近く、思い出もたくさん残っています。

そこで、この「ロープウェイ比叡山頂駅」に関連して、愛宕山のことが出てくるのが印象に残りました。比叡山と愛宕山とどちらが高いかという“京ばなし”です。

「おれのほうがお前より高いぞ」、「いいや、おれのほうが高いんや」と両者が背の高さのことで言い争いになったという話で、気の短い比叡山が、「俺のほうが高いというのに判らんか」と言うが早いか愛宕山の頭をポカリ。たたかれた愛宕山の頭にこぶができた。

このこぶの分だけ愛宕山が高くなり、洛中第一の高い山(924メートル)になったという話です。たしかに、愛宕山の山頂にはこぶのような小山があって、これが愛宕山の形を特徴づけています。

この話は、「短気は損気」の教訓をものがたる“京ばなし”ということです。歴史が古いだけに比叡山には数多くの伝承がありますが、今回ご紹介するのはこの程度にしておきます。

|

« 戌年に犬を想う | トップページ | 心のゆとりをプレゼントされた »

カラフルエッセイ  おさむの鳥の目」カテゴリの記事

コメント

比叡山と愛宕山の逸話、興味深く拝見いたしました。腹を立てて頭をポカリ。昔は微笑ましい話も、現代では大問題ですね。

京都に行ったら愛宕山の形、是非チェックしてみます。他にもいろいろありそうな「京ばなし」。楽しみにしております。

投稿: soji | 2018年1月 6日 (土) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戌年に犬を想う | トップページ | 心のゆとりをプレゼントされた »