« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月24日 (火)

「嵐山」と「有栖川」

~ おさむの鳥の目211

京都は観光客が多い街で、一番が清水(きよみず)、二番が嵐山と言われています。駅の名前は、有名な建造物や地名から採られている例が多く、「嵐山」は地名です。

「嵐山」という山は、元は「荒樔山」であったのが、愛宕おろしに峰々の桜や楓を散らすところから、いつしか「嵐山」と呼ばれるようになり、その山の名がこの辺りの地名となったものであると言われています。

そして、この「荒樔山」の名前は川から来ているそうです。この近くを流れていた川は激流で、土地がひどく荒らされていて、「荒樔・荒瀬(あらす・あらせ)の意味から「有栖川」という名前が用いられるようになったといいます。

先月、「駅名ものがたり」という本をご紹介しました。この本は、長く京福電鉄に勤められた方が、退職後に出された本で、永年の研究成果が含まれていてたいへん参考になります。この本について言うなら、まず、「嵐山」と考え、ここまで書きました。
 
次にどの駅を取り上げるかとなると、私としては「有栖川」です。自宅の最寄り駅であり、幼稚園時代からのお付き合いです。そういう個人的な事情からの選択なのですが、読んでいくと、「嵐山」の次が「有栖川」という、話の上での順序があって驚きました。

「有栖川」という駅名は、最初からこの名前であったのではありません。昔、この駅は「嵯峨野」という名前でした。ところが、観光客が雑誌などで紹介される嵯峨野観光の起点と間違えるトラブルがあり、それを避けるために「有栖川」に変えられたのです。駅の近くを流れる川の名前が「有栖川」だからです。

ところが、この「有栖川」という名前は、先に出て来ました。激流であった川に土地が荒らされたのが元になって、「荒樔・荒瀬」の意味から川の名前が「有栖川」になったと書きました。と言うことは、嵐山を流れる川の名前であったものが、別の川の名前になっているのです。

一見、奇異に思えますが、これには理由があります。嵐山を流れる川は「有栖川」であったが、時が経ってこの川が「葛野川(かどのがわ)」とか「大堰川」と呼ばれるようになり、このままでは歴史を伝える「有栖川」が消えてしまう。それを惜しんだ里人たちが 別の川にこの名前を付けたのです。

こうして、現在の「有栖川」駅の近くを流れる川が「有栖川」になりました。そして、この駅の所在地は「右京区嵯峨野有栖川町」、正真正銘の「有栖川」駅です。私がこのように声を大に力説するのは、子供の時からの習性で、この駅の名前は「嵯峨野」でないとしっくりしないという勝手な思い込みを言葉にしたいと思うからです。

このような次第で、「嵐山」の次に取り上げるのは「有栖川」でなければならないという、「荒樔・荒瀬(あらす・あらせ)」を仲立ちにした両者の結びつきを特に取り上げたものです。それにしても、「樔」などという文字があることを、この齢になって初めて知りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

歴史の重層

~さかもっちゃんの知ったかぶりぶり 175~

秋晴れの一日、人気エッセイストのsojiさんと一緒に、埼玉県の遺跡を巡る機会がありました。日本の近代資本主義が勃興した明治時代から、埼玉の源流とも言える古墳時代までを一気に遡る、sojiさんらしい壮大な企画でした。

渋沢栄一の生家も圧巻でしたが、私の中で今回の目玉だったのは古墳時代、行田市のさきたま古墳群と東松山市の吉見百穴。どちらも5世紀から7世紀にかけてのお墓です。

まず圧倒されたのは、さきたま古墳群の中の丸墓山古墳。緑の草木に覆われた古墳は、爽やかに晴れ渡った秋空に向かって雄々しく聳え立ってました。その姿はまるで自然の丘と見紛うほど。

聞けば、この丸墓山古墳、行田市で最も高いところとか。円墳の頂頭部からの眺めは抜群。彼方に行田の市街地を一望することが出来ます。

この古墳が造成された時代から約1,000年後、天正18年(1590年)、すなわち今から500年ほど前、私たちが立っているまさにこの場所から、歴史上とても有名な武将が同じ方向を見下ろしてました。

その武将の名前は石田三成。後の関ケ原合戦における敗軍の将です。三成が丸墓山古墳から見下ろした視線の先には、映画「のぼうの城」で知られる忍城がありました。

豊臣秀吉の命を受けて忍城を水攻めした際、三成は、当時から周辺で最も高かったこの場所に本陣を構えたのです。そして更に、水攻め用の堤防を造るため古墳の一部を壊すという蛮行までしてのけたのでした。

遺跡の上に戦のための本陣を造り踏み荒らしただけではなく、戦のために遺跡の一部まで破壊。なんて野蛮な行為、と現代に生きる多くの方々は憤慨するかも知れません。ただ、今では三成による遺跡破壊の蛮行自体が歴史の一部となってしまい、「石田堤」の名のもと貴重な観光資源となっています。なんとも皮肉な歴史の重層。

さて、さきたま古墳群を後にし、次に向かったのは吉見百穴。私たちはここでも遺跡破壊の蛮行を目にすることになります。ここで遺跡破壊が行なわれたのは現代、ほんの数十年前のこと。

太平洋戦争末期、吉見百穴遺跡の真下に地下軍需工場が作られました。米軍の空襲を避けるため、当時の中島飛行機が地下に作った戦闘機部品工場です。この辺りに分布する凝灰質砂岩が、古墳時代の人々にとってだけでなく、現代人にとっても掘りやすかったのが理由だとか。

工事の際、貴重な遺跡がいくつも破壊されてしまいました。三成による古墳破壊を「蛮行」と呼ぶならば、わずか70年ほど前の吉見百穴破壊は「愚行」とでも呼ぶべきでしょうか。

一方で、500年前に古墳を破壊して造成された石田堤と同様、この地下軍需工場跡も既に歴史の一部となりつつあるようです。1,500年前の遺跡より70年前の地下工場跡を目当てに、吉見百穴を訪問する方もかなり多いようですから。

水攻めのために古墳を破壊した三成、そして、戦闘機部品製造のために吉見百穴を破壊した軍需工場。どうやら戦時には、遺跡を顧みる余裕が無くなってしまうようです。思えば、我々人類は歴史の中で、このような「蛮行」や「愚行」を絶えず繰り返してきたのではないでしょうか。とっても皮肉なことに、そんな「蛮行」や「愚行」もやがては歴史の一部に。

歴史の上に歴史を造る。そんな歴史の重層の上に私たちは生きているのかも知れません。

| | コメント (1)

2017年10月10日 (火)

2人の若き女性とともにお仕事

~ わさくの悪知恵 205 

去る5月、ちょうど私が第一次定年から再雇用スタートの頃から我が職場の労働環境が少し変わり、私のデスク隣と斜め前に若い女性がいるものとなった。

オヤジ目線だと羨ましがられるかも・・・・

この二人の共通点は、過去にデパート等に出店している化粧品メーカーの美容部員だったことだ。そこから2人の容姿については想像ができることかと思う。(さらに羨ましがられるかも・・・・?)

我々も一応「化粧品」を扱う業種なので、ある程度の経験を持つ二人は我が部署のマーケッターというポジションには最適かと思われ採用されている。

ただ二人のキャラが違うので「面白い」。

まず私の隣にいるMI女子。入社ちょうど1年経過。つい先日28歳になったばかりだが、見た目20歳そこそこにしか見えない。

神奈川県海老名市出身。小柄で目が大きく、どちらかというとギャル系の「かわいらしさ」を持ち合わせた人物。猫を2匹飼っているからかその雰囲気がキャラに表れているよう思える。

しゃべり口調も少ししゃがれ声で舌足らず気味なので電話応対など非常に受けが良い。実際にその明るい性格から誰からも好感度が高く、出入りする業者関係者たちも一度会って話したら忘れないキャラかと思われる。

もう一人の斜め前の彼女HK。

去る5月の連休明けからの採用。宮崎県宮崎市出身の24歳。彼女もMIと同じく目が大きい。

MIのギャル系キャラと比べるとこちらは少し”コンサバ系“で「癒し系」だ。美容部員を経験しているので決して”おとなしい”タイプではないのだが、私は「癒し系」と感ずるし、しゃべり口調もおっとりしている。

まだ入社後の日が浅いため、あわてる事が多い彼女だが、我々オジ軍が後ろからしっかりとフォローするようにしている。

来月、今まで私が担当している案件をHKと共同作業することになっており、色々と良い意味での経験を積ませてあげたい。

見方によっては羨ましがられる職場環境かもしれないが、それなりに自分でもそういった環境に気を使ってきているようにも思える。

一応、化粧品→女性がターゲットな業種なのでそれなりの常識は持っているつもりだが、この5月以降の今の環境で自然にだがさらに気を使ってきているかと思う。(我が家人と弟もその筋の企業にいたことがあるのだが・・・)

まず身の回りは常にきれいにしておくこと。特に私は社歴が長くなってきたので「持ち物」が多い。以前にも増して「*断捨離」加速中だ。

そして我が部署にはもう一人私と同年代のオジサンがいるが、彼がたまに俗にいわれる「オヤジギャグ」に類するギャグをかますことがある。

それが見事に”受けから外れる”事があり、その一瞬独特の空気が漂う。こういったことも私的にはNGとしている。

それにしても2人とも「平成生まれ」世代だ。もし自分に娘がいたらこの世代なのかなあと思ったりもする。

我が世代と比較すると「時代」を感じてしまうが、今後彼女たちとも長く、仲良く、楽しく仕事をしていきたいと思う今日この頃。有難いことだ!

(*「断捨離」はやましたひでこさん所有のhttp://danshari.kame.in/kiso/yamashita.htmlの商標)

| | コメント (1)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »