« 郷土の偉人に出会う秋 | トップページ | 歴史の重層 »

2017年10月10日 (火)

2人の若き女性とともにお仕事

~ わさくの悪知恵 205 

去る5月、ちょうど私が第一次定年から再雇用スタートの頃から我が職場の労働環境が少し変わり、私のデスク隣と斜め前に若い女性がいるものとなった。

オヤジ目線だと羨ましがられるかも・・・・

この二人の共通点は、過去にデパート等に出店している化粧品メーカーの美容部員だったことだ。そこから2人の容姿については想像ができることかと思う。(さらに羨ましがられるかも・・・・?)

我々も一応「化粧品」を扱う業種なので、ある程度の経験を持つ二人は我が部署のマーケッターというポジションには最適かと思われ採用されている。

ただ二人のキャラが違うので「面白い」。

まず私の隣にいるMI女子。入社ちょうど1年経過。つい先日28歳になったばかりだが、見た目20歳そこそこにしか見えない。

神奈川県海老名市出身。小柄で目が大きく、どちらかというとギャル系の「かわいらしさ」を持ち合わせた人物。猫を2匹飼っているからかその雰囲気がキャラに表れているよう思える。

しゃべり口調も少ししゃがれ声で舌足らず気味なので電話応対など非常に受けが良い。実際にその明るい性格から誰からも好感度が高く、出入りする業者関係者たちも一度会って話したら忘れないキャラかと思われる。

もう一人の斜め前の彼女HK。

去る5月の連休明けからの採用。宮崎県宮崎市出身の24歳。彼女もMIと同じく目が大きい。

MIのギャル系キャラと比べるとこちらは少し”コンサバ系“で「癒し系」だ。美容部員を経験しているので決して”おとなしい”タイプではないのだが、私は「癒し系」と感ずるし、しゃべり口調もおっとりしている。

まだ入社後の日が浅いため、あわてる事が多い彼女だが、我々オジ軍が後ろからしっかりとフォローするようにしている。

来月、今まで私が担当している案件をHKと共同作業することになっており、色々と良い意味での経験を積ませてあげたい。

見方によっては羨ましがられる職場環境かもしれないが、それなりに自分でもそういった環境に気を使ってきているようにも思える。

一応、化粧品→女性がターゲットな業種なのでそれなりの常識は持っているつもりだが、この5月以降の今の環境で自然にだがさらに気を使ってきているかと思う。(我が家人と弟もその筋の企業にいたことがあるのだが・・・)

まず身の回りは常にきれいにしておくこと。特に私は社歴が長くなってきたので「持ち物」が多い。以前にも増して「*断捨離」加速中だ。

そして我が部署にはもう一人私と同年代のオジサンがいるが、彼がたまに俗にいわれる「オヤジギャグ」に類するギャグをかますことがある。

それが見事に”受けから外れる”事があり、その一瞬独特の空気が漂う。こういったことも私的にはNGとしている。

それにしても2人とも「平成生まれ」世代だ。もし自分に娘がいたらこの世代なのかなあと思ったりもする。

我が世代と比較すると「時代」を感じてしまうが、今後彼女たちとも長く、仲良く、楽しく仕事をしていきたいと思う今日この頃。有難いことだ!

(*「断捨離」はやましたひでこさん所有のhttp://danshari.kame.in/kiso/yamashita.htmlの商標)

|

« 郷土の偉人に出会う秋 | トップページ | 歴史の重層 »

カラフルエッセイ  わさくの悪知恵」カテゴリの記事

コメント

読めば読むほど、「いいだろ~」と自慢しているようにしか思えません。まるで桃源郷ですね。ひょっとすると浦島太郎のように、竜宮城にいるだけかもしれませんよ。何か箱の類をもらったら要注意。うかつに開けないことをお勧めします。

投稿: soji | 2017年10月17日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郷土の偉人に出会う秋 | トップページ | 歴史の重層 »