« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

郷土の偉人に出会う秋

~ soji の今日もワクワク 231  ~

荻野吟子(おぎのぎんこ)。

日本の公認女医第一号で、埼玉の3偉人の一人。長いこと埼玉に住んでいるのについ最近知りました。埼玉県熊谷市に記念館があるとのこと。秋風が吹き始めた9月の土曜日、行って参りました。

JR熊谷駅を降りてバスで30分、バス停から歩いて20分。農道を突き抜けた利根川のほとりに記念館はあります。来訪客は私一人。出来て日が浅いせいか清潔な室内ながら、手狭な印象を受けました。

作家、渡辺淳一が吟子の生涯を取材し、昭和45年に著した小説「花埋み」。そしてこの小説を原作とした舞台「命燃えて」。壁に貼られた年表には、小説の一節と舞台写真がちりばめられ、ゆかりの品々が展示されています。室内中央に展示されたドレスは、吟子役の女優、三田佳子が実際に身に付けた衣裳のようです。

後日、私は図書館で「花埋み」を読んでみました。そこには女医第一号という華やかな名声とは全く違う姿が描かれていたのです。

ペリー来航の2年前。妻沼町(現在の熊谷市)俵瀬に生まれた吟子は、10代で嫁いだ夫から淋病をうつされ、子供の産めない体となって離縁。東京で受けた男性医師からの診察が屈辱的であったため、女医を志し、苦難の末、女性で初めて公認の医師となったとのこと。

女医となった吟子はやがて、江戸時代から色濃く残っていた、男尊女卑の風潮に悩み始めます。婦人開放運動の先駆者として活躍し名声を得ながらも、13も年下の男性に求婚され、周りの反対を押し切って39歳で再婚。そしてすべての名声を捨てて、夫と共に北海道に渡るのです。しかし過酷な労働の中で夫が亡くなった後東京に戻り、医院を開業したものの、もはや彼女の知識は時代遅れ。7年後、養女に見守られ一人63歳の生涯を閉じたのでした。

東京に戻った後の吟子の様子は、小説にも詳しくは書かれていません。一度は諦めた女としての幸せ。そのために血がにじむような努力の末に手に入れた名声を捨て、愛する人を追いかけた。そんな自分を晩年、果たしてどう思ったのか。もし彼女が東京に留まっていたとしたら、どれほどの偉業を成し遂げたでしょう。でも私は思います。明治という女性に過酷な時代にあって、すべてを投げ出して愛の道を選んだ生き方こそ、荻野吟子の偉業ではなかったかと。

Photoちなみに「花埋み」の意味は、棺の中に横たわる故人のまわりを、花で埋めてあげることだそうです。記念館の横には吟子の像が建立されていますが、本当はこうして奉られることなく、静かに眠っていたいのかもしれません。

どんなに日の当たった偉人でも、その生涯の中には必ずどこかに暗い影があるものです。その影を見つけるたび、自分と変わらないじゃないかと共感したり、涙したり。そして一生懸命生きてさえ行けば、たとえ偉業を成し遂げられなくても、ちょっとくらい胸を張ってもいいかなと思ったりするのです。

荻野吟子記念館。物憂い秋に、何かとても大切なことを教えてもらった気がします。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

駅名ものがたり

~ おさむの鳥の目210

今、私の手許に「駅名ものがたり」という本があります。この本は、長く京福電鉄に勤められた方が、退職後に出された本です。私は、生まれた家に今も住んでおり、同じ地域に住み続けていることから、地域に関する知識が自然に増えて、自分でもこれらの事に興味を持っています。

先日、行きつけの散髪屋さんに行った時、面白い本があるので一度読んでみてほしいと、一冊の本を渡されました。それが標記の本です。

私は京都市右京区嵯峨野に住んでいますが、最寄駅は「京福電鉄嵐山線の有栖川駅」です。この電車は幼稚園の時から利用させてもらっていて、私の人生とは切っても切れない存在と言えます。

この「駅名ものがたり」は、始発の「四条大宮駅」から、西の終点「嵐山駅」までと、支線(北野線)の各駅の、駅名と「各駅の周辺」について、それぞれに興味深い話題が満載されています。

それぞれ歴史の古い地域ですから、話題豊富でたいへん勉強になります。この後、私の興味に従って、いくつか注目すべき論点をご紹介しますが、その前に、この本の存在価値について考えてみます。

話は跳びますが、神社等のおみくじに書かれている文章ですが、なかなかよく出来ていて、感心します。一般に通用するようそれぞれ含蓄に富んだ内容になっています。あらゆる場面に通用するように書いてあっても役立つのですから、もし、その時の自分に合うように書いてあるとすると、もっと役に立つ。誰かそういうおみくじを作ってくれないかと考えたことがあります。

しかし、それは無理なので、それに変わる方法として、私が考えたのは、本屋の陳列棚の前に立って、本の背表紙を見る。そして、読み取れた本の表題がおみくじの内容であると考えるのです。

本屋の陳列は、それなりの考えに基づいて並べられている。自分なりに、その意図を読み取って、その時、自分が望んでいるらしい書棚を選んで見ていけば、その時の自分にとって有用な答えが得られると考えてみたのです。

先程の話しに立ち戻って、本屋に行かなくても、標記「駅名ものがたり」を眺めていると、今の私にとって、興味あり気な話題が並んでいる、その中から一つを取り出して考えれば、自分なりに有意義な考えが展開できると考えてみました。

実際に、この「駅名ものがたり」を読みますと、腰を据えて考えなければならない論点が幾つも出てきます。例えば「太秦(うずまさ)駅」の項には、「秦氏について」と「地名について」の二つの項があって、それぞれ過去の学者の研究成果を詳述するなど、内容豊かな、そして説得力のある記述が見られます。

このように、参考に出来る資料が手に入りましたのでご紹介させていただきます。

| | コメント (1)

2017年9月19日 (火)

私は「ゆでガエル」

~さかもっちゃんの知ったかぶりぶり 174 

「ゆでガエル」って言葉をお聞きになったことありますか?

 

「ゆで●●」と聞いて美味しそうな食べ物を想像したそこのアナタ、ブッブー不正解。「ゆでガエル」は「ゆで卵」や「ゆで豚」、「ゆで野菜」とは違い、とても食べられません。また、「ゆで太郎」のような蕎麦屋さんの名前でもありません。

 

「ゆでガエル」とは、最近、ビジネスマン向け講演会や雑誌記事に、頻繁に登場するようになったカエルのこと。カエルをグツグツ煮えたぎる熱湯に放り込むと驚いて飛び出しますが、冷たい水に入れゆっくり徐々に熱すると温度変化に気が付かず、やがてゆで上がって死んでしまうようなおバカなカエルの話です。

 

流行語に敏感なビジネス書作家やコンサルタントは、今の50代男性の会社人生を、こんな「ゆでガエル」に例えて揶揄してます。高度成長期の右肩上がりの豊かな時代に子ども時代を過ごし、大人になってからもバブル期に就職して、そのまま右肩上がりの経済成長の中で定年まで順調にいけると信じていた「ゆでガエル」世代。

 

一世代上で、なんとか定年まで逃げ切った団塊世代を見上げながら会社人生を送った今の50代も、「そのうち何とかなるさ、これまでがそうだったように」と安心・油断し切って何のアクションも起こしませんでした。

 

ところが、ふと周囲を見渡せば、職務等級制度導入や役職定年早期化などで雇用環境はじわじわと大激変。無事に逃げ切れた団塊世代とは大違い。このままでは安泰に定年を迎えることすら厳しい「ゆでガエル」になってしまいました、とサ。

 

さて、自己紹介が遅くなりましたが、私は50代男性、まさにそんな「ゆでガエル」世代のド真ん中。ですが、私はまったく悲観してません。その理由は、実際のカエルを良く知ってるから。

 

実際のカエルは、この「ゆでガエル」の例え話ほどおバカではありません。小賢しいビジネスコンサルタントや講演家などによって、いかにも生物実験結果であるかのように語られている「ゆでガエル」ですが、これは真っ赤な大ウソでエセ科学です。実際のカエルは温度変化にとても敏感。カエルを冷たい水に入れ徐々に熱したら真っ先に逃げ出し、決して「ゆでガエル」にはなりません。

 

カエルは環境変化に鈍感どころか、環境変化に対して非常に高い感受性と適応力を持ってます。その結果、カエルは地球上で最も多様性に富む生き物の1つとなっており、今でも毎年100種を超すカエルの新種が生物学の学術誌に発表されるほど。

 

世の「ゆでガエル」世代の皆さん、もっと自信を持ちましょう。小賢しいビジネスコンサルタントや講演家が言う「ゆでガエル」なんて大ウソです。カエルは環境の変化にとても敏感で、環境変化への高い適応力を持った生き物なのです。

 

「お前はゆでガエルだ」と言われたら、それは最上級の誉め言葉。「お前は環境変化に敏感で、周囲の環境激変にも見事に適応し、常に変化している」と言われたと理解しましょう。

 

江戸時代の有名な俳人も応援してます。

ゆでガエル

負けるな一茶

これにあり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

運賃の高い2つの鉄道

~ わさくの悪知恵 204 

我が住む千葉県には運賃が高いことで有名な2つの鉄道がある。

私自身年に1,2度はどちらも利用するのでその度に「やはり?だなあ?」と感じてしまう。
運賃が高い理由はそれぞれにあるが、ここでは省略させていただきたい。

一つ目は「北総鉄道」。https://www.hokuso-railway.co.jp/ 

最近だと首都圏から成田空港へのアクセスで京成線からこの北総線を利用しての「スカイアクセス」が少しは知られてきているかと思う。

もともと千葉ニュータウン建設と密接な関係を持ち、第3セクターでありながらも株の半分が京成電鉄の保有のため車両には京成グループのロゴが使用されている。一応この線のスタートが京成との乗り換えができる高砂駅でもあるためか何かと京成色が濃いように思える。

その千葉ニュータウンの中心たる「千葉ニュータウン中央」駅まで行くことが年に数回あるけれど、我が住居地区からだと京成線を利用して片道¥950、距離にして30km弱、時間にして最短で約35分。

わが仲間のひとりが彼の地から東京駅まで通勤しているが、6ヶ月の通勤定期代が¥250,000強。1ヶ月割りにしてみても私の現在の通勤定期代の6ヶ月分よりも高い。

この路線に関する意外な驚きがこちら「千葉ニュータウン」がある千葉県印西市が、東洋経済誌が選出する日本の「住みやすさ」No.1の街であるということだ。それも6年連続だ!

もう一つが「東葉高速鉄道」だ。http://www.toyokosoku.co.jp/

こちらは西船橋から八千代勝田台までの17km弱の路線。西船橋にて東京メトロ東西線との乗り入れがあり、北習志野では新京成線、終点勝田台では京成線との乗り換えができる。

こちらは典型的な第3セクターで主要株主が千葉県で33%、船橋市が24.9%、八千代市が22.1%だ。

こちらの「八千代中央」なる駅に行ってきた。

我が家からはJRを利用して片道¥719、距離にして約18km、乗車時間にして約28分。

8月最後の週末にある店のイベント参加を兼ね、花火大会に参加してきた。

さすがに高い電車賃を払って観た花火なので立派なものだったので、参加価値はあったと思う。

この「八千代中央」の1つ手前の「八千代緑が丘」なる地は昔の仲間が結構いるため訪れる機会は少なくはない。

これら2つの路線に私なりに見つけた共通点がある。それは学校の名前が駅名になっているところが各1つあることだ。

北総鉄道には「印旛日本医大」、東葉高速鉄道には「船橋日大前」なる駅がある。いずれも新設の駅だ。

そのためかどうかわからないが「通学定期券」の値下げ運動が頻繁に起きているが、諸事情にてなかなか実現できていないようだ。

関連することだが、私が体験した「1駅区間」の最も高価な鉄道路線は北神急行電鉄の「新神戸〜谷上」間だ。この1駅間が¥360だが距離が7.5km、約8分弱もかかる。

しかしながらこちらは、六甲山にトンネルを掘って開通させた区間と考えると納得はいく。
ただ神戸市営地下鉄からの乗り入れのため新神戸の1つ先の神戸の中心地三宮からだと¥540(11分弱)とやはり割高感はある。

これらと反対に首都圏で比較的運賃の安い路線は京王電鉄、小田急電鉄、東京急行電鉄(東急)らしく、いずれも初乗りは¥130だ。

| | コメント (1)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »