« 毎日が初体験 | トップページ | 海外出張に持参すると意外に活躍する小物類たち »

2017年6月10日 (土)

還暦を迎えて

~ わさくの悪知恵 201

前回の投稿をお休みさせていただいた。ご容赦を!

この2ケ月、少し身の回りに変化があったためで、今回の投稿にてその辺を察していただければ幸いだ。

まず4月。この私も還暦を迎えた。まだまだ先の事だと構えていたが、現実はやって来るものだというのが実感だ。

仕事の方は一旦「定年退職」をした形で、5月からは「契約社員」扱いで今までとほとんど変わりなく日々を過ごしている。しかしながら、当然の収入ダウンだ。今後現収入で生活していく良きルーティンを早く見つけたい。

高齢者雇用の年金の一種が申請ができるというので手続きしたが、その中で「退職届」を提出したのが意外だった。

そうこうしているうちに5月の連休明けに我が父が亡くなった。享年86歳。6月1日が誕生日だったので、そこまでもってくれればという願いはあったのだが・・・

昨年11月のはじめに実家の玄関先で転倒し、入院。脳挫傷との診断。その後入院6ケ月、結局肺炎で亡くなった。最期に立ち会えたのが救いだ。

あらかじめの予測を病院から知らされていたので、その後の葬儀などの手配は割とスムーズに運べたと思っている。

葬儀は家族葬にしたため、親戚達と送り出した形だ。

これから49日の法要があり、納骨の段に移る。お墓も父の故郷にある群馬ではなく、実家近くの市の霊園にほぼ決まっている。

幸い我が母が高齢の割にかなりしっかりした人物なので、色々な手続きをこなしてくれている。頭が下がる思いだ。

ただなるべく一人にさせたくないため、私と家人、またはどちらかが夜実家に立ち寄る日々が続いている。我が家から徒歩でも5分以内なのでそれが可能だ。そして私が一応長男なので・・・

父が亡くなった当初、近所の主に老人会の方々が立ち寄ってくれてお線香をあげてくれるのは有難かったのだが、どなたも結局最後は「ご自分」の事のマシンガントークになってくるのには参った。

電話でこれをやられる方もいて、気丈な母もくたびれ果ててしまわないかと心配だった。

母とはとにかく「ひとつひとつゆっくり無理なく対処していこう」と話し合っている。

また、群馬の従妹が私が見たこともない我が祖父の履歴書や家族の写真を持ってきてくれ、今まで知ることのなかった父の歴史を認識できたのも感慨深いものになった。

しばらくはこんな日々が続いていくかと思う。

次回からは通常のエッセイ「ネタ」を提供できればと思っている。

今後ともお付き合いのほど、どうぞよろしく<m(__)m>

|

« 毎日が初体験 | トップページ | 海外出張に持参すると意外に活躍する小物類たち »

カラフルエッセイ  わさくの悪知恵」カテゴリの記事

コメント

わさくさんも、還暦になられたのですね。昔、還暦とは赤いちゃんちゃんこを着た好々爺を想像したものですが、マリーンズのユニフォームを着てベースを弾きながらのバンド活動。とても還暦には見えませんよ。

会社のこと、お父様、お母様のこと、そして老人会のこと。様々な人間模様が見えてくるのですね。印象的なのは、どなたも最後は「ご自分」のことのマシンガントークになってしまうということ。歳をとると、自分を語りたくなるものですかねえ。いや、単に話し相手が欲しかったのかなあ。

その点、わさくさんは老若男女、お仲間が多い。話し相手には事欠きませんよね。

またどこか力の抜けた、どっぷり趣味にはまっているわさくさんをご紹介ください。エッセイのネタにつまると、わさくさんの文章を読んで、自分を鼓舞しております。やはり人生を楽しんだ者が勝つのだなと。

次回の作品も期待しております。

投稿: soji | 2017年6月12日 (月) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日が初体験 | トップページ | 海外出張に持参すると意外に活躍する小物類たち »