« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

毎日が初体験

~ soji の今日もワクワク 227 ~

先日、家人と中華料理屋に行ったときのことです。

そこのメニューは、16ページはあるカラー冊子。写真を見て料理を選ぶことが出来ます。いつものように注文した後、料理が来るまで何気なくメニューを見続けていました。ふと気が向いて、家人に尋ねました。

「この中で、頼みたくない料理はある?」

家人が答えます。

「これとこれ。とても辛そうだし。あとこれ。見るからに美味しくなさそう」

ああ、確かに。この写真では自分でも注文しないでしょう。

しかし、あらためて気づきました。自分たちは頼まないけれど、他に頼んでいる人がいる。だから立派にメニューに載っているんだと。

歳をとると、冒険を好まなくなります。行きつけの店、お気に入りの席、定番の料理。ファーストフードでさえ、無意識にいつもと同じメニューを頼んでいます。外食に限りません。朝起きてから夜寝床に入るまで、いつの間にかルーティンで行動している自分に気づきます。

いろいろな情報を収集し、自分なりに取捨選択した結果、最短で最善な行動をとる。それが生活の知恵であり、自分なりに蓄積してきた生きるノウハウです。「安住」と言っていいかもしれません。

でもそれは本当に最善でしょうか。すべての選択肢を試した結果、これ、と決めたことでしょうか。試すことさえせず、自分に合わないに違いない。そう勝手に決めつけてはいないでしょうか。

「あなたの初体験はいつですか」

女性に問いかけたら、セクハラで訴えるわよ、と凄まれそうです。いや、変な意味ではありません。しかし突然質問されると、はて、そう言えばいつだったかと首をかしげてしまうのではないでしょうか。

初体験は、考え方次第で毎日行うことが可能です。例えば日々歩くルートを敢えて違えてみる。初めて歩く路地、初めて見るマンションの表札、初めて見上げるビルの上層階のテナント・・・初体験の材料は、好奇心を持ち、新発見を心がければ日常にたくさん転がっています。ルーティンの中でも、例えば行きつけの店だけど日ごろ頼まないメニューを頼んだり、日ごろ使わない香辛料を使うだけでも立派な初体験です。

別に心がけなくても、毎日のように初対面の人と会うし、初めて行く得意先も多いよ。私も以前はそんな時代がありました。ところがあらためて考えてみると、自分が望んで会ったり訪問したりすることはほとんどありませんでした。あくまでも自らの意志で体験する。忙しくなると、そんなことを忘れてしまう。そしてあるとき、ふと流されている自分に気がついたりするのです。

「安住」の日常を否定する。無意識に拒絶する自分がいます。それは悪いことだと。

5月9日付毎日新聞の「万能川柳」で、こんな句が載っていました。

悪いこと していないのに 句ができぬ    東京 ひねのり

掲載では常連のひねのりさんも、こうした境地に陥るのかと、妙に感に入ってしまいました。今まで書いてきた流れでこの句に手を加えるとすれば、

良いことを してばかりでは 句ができぬ

と言えるかもしれません。句に句をぶつける。まさに「くにく」の作。ひねのりさん、申し訳ありません。

初体験は、心がざわつきます。いつもの通りやればいいのに。でもいつもの通りでは、たくさんの魅力を見過ごしているかもしれません。ですから私は、毎日手帳に初体験を書き留めるようにしました。時には大外しするかもしれませんが、これはご愛嬌。まずは続けて行こうと思っています。

| | コメント (2)

2017年5月24日 (水)

京都水族館の雀

~ おさむの鳥の目206

表題がおかしい、と思われるでしょう。その通りです。京都水族館は雀を飼っていません。しかし、雀は居たのです。

「海から遠い京都に水族館?」と考える人も居るでしょう。技術の進んだ今の世に、まさか使用水量のほとんどを海から運んでいると考える人はいない。だとすると、海からの距離は関係ないはずなのに・・・、と私は考えていました。

ところが、「内陸型水族館」という言葉があり、京都水族館は国内最大の「内陸型水族館」であって、使用水量の90%に及ぶ必要海水はすべて人工海水で賄っているので有名という話を聞いて、京都水族館は例外で、やはり水族館は海に近いところに在るのが普通なのだと再認識しました。

ところで、私は動物園が好きです。これは書かなくても分かっていただけると思いますが、京都に水族館が出来て、京都水族館も好きと言わねばならなくなりました。年間パスポートを持っていて、ときどき行っていると書けばそれで十分でしょう。

そこで、今回は京都水族館について書くのですが、下手に頭を使うより、一般に説明されていることをそのまま書くと、以下の通りです。

館内は9つにゾーン分けされていて、

1・オオサンショウウオの展示が見られる「京の川ゾーン」
2・オットセイ、アザラシが間近で見られる「かいじゅうゾーン」
3・ペンギンを上からも下からも見られる「ペンギンゾーン」

4・日本の海をまるごと再現した「大水槽」
5・サンゴの海やタッチプールのある「海洋ゾーン」
6・工作や体験などができる「交流プラザ」

7・目玉のイルカショーが楽しめる「イルカスタジアム」
8・京都の生き物などの学習ゾーン「山紫水明ゾーン」
9・屋外展示で田んぼなど里山を再現した「京の里山ゾーン」

という訳で、見やすいよいに工夫されています。私自身は、何回も行くので、あまり館内の構造を知り過ぎないようにと、その都度、でたらめに見て歩きます。

先日、行った時は、歩き疲れたようなので、最後に、身体を休める意味もあって、入館したとき「京の川」の次に見た「オットセイ」と「アザラシ」の展示室へ行きました。ここはベンチがたくさんあって、館内で唯一弁当を食べてもよい場所になっているそうです。

そこのベンチに座って周りを見ていると、小学校低学年くらいの男の子が、何か小さい食べ物を床に投げています。すると、たくさんの雀が寄ってきて床の上の食べ物を啄ばみます。その場所は、どう見ても屋内なのですが、上の方の一部が開いているらしく、外部の雀が来ているのです。

すると、近くにいた、やっと歩けるようになった年齢の男の子が雀の群れに駆け寄ります。雀たちはいっせいに飛び立ちますが、すぐに元の場所に戻ります。その戻り方が非常に速いのに驚かされました。

雀たちは男の子の動きを見て、自分たちに全く危険はないと確信しているように見えました。雀が人間を馬鹿にしていると見えるのですが、その雀たちの判断の的確さに恐れ入ったという気持になり、水族館で思いがけない勉強をさせられたと、強く印象に残りました。これが標題に雀が入ってしまった理由です。

| | コメント (1)

2017年5月17日 (水)

光あるところに影がある

~さかもっちゃんの知ったかぶりぶり 170~

この春、人気エッセイ「soji の今日もワクワク」の著者として有名なsojiさんと、鎌倉周辺を散歩してきました。春の鎌倉は眩いばかりの陽光と、国内外からの観光客が溢れてましたが、sojiさんと歩いたのはその真逆の世界、陽の当たらない鎌倉のダークサイド。

旅のメインテーマは以下の4つ。どれも暗いものばかり。
・北条氏の陰謀
・末法思想
・鎌倉幕府の滅亡
・足利氏の残虐性

訪れたのは、護良親王が9ヶ月間も幽閉された土牢や北条一族870人が自害した東勝寺跡、そして、北条高時の腹切りやぐら、等々。歴史の暗部だけを巡る、気も滅入るようなツアーでしたが、「春の鎌倉観光」という眩しい日なたがあったからこそ、その陰に隠れた日かげの面白さとビジネスチャンスの可能性に想いを馳せることが出来た旅でもありました。

日なたと日かげは常に裏腹の関係にあり、日が差すとそこには日なたと同時に日かげが生まれます。陽光輝く「春の鎌倉観光」の陰に、ダークサイド鎌倉。まさに、光あるところに影がありました。

そんな今回の「鎌倉ダークサイドツアー」で深く感じたのは、その時点で脚光を浴びている日なたを攻めるよりも、日差しが作る日かげの方にもっと大きな面白さやビジネスチャンスがあるかも、ということ。特に、「春の鎌倉観光」のように強く眩しい陽光ほど、日かげの面白さが増すようです。

この旅の途中で連想したのは、なんと、19世紀の米国カリフォルニアで起きたゴールドラッシュ。当時、一獲千金を夢見てカリフォルニアに殺到した人々の中で、莫大な富を得たのはほんの一握りだけ。やがて金は採り尽くされてしまい、大多数の人々は何の儲けも無いまま故郷に帰らざるを得ませんでした。

そんな中、安定的に利益を獲得したのは、金を掘り当てた人ではなく、実は、押し寄せる金鉱掘りにジーンズやスコップなどの生活必需品を売った商人でした。ゴールドラッシュという陽光で生まれた日なたを金鉱採掘とすれば、その日かげに生まれたビジネスが金鉱掘り相手のジーンズ・スコップなどの生活必需品販売だったのです。

「鎌倉ダークサイドツアー」と「金鉱掘り相手の生活必需品販売」。この2つに共通するのは、日なたを避けて日かげを扱うためライバルとの直接競争が避けられること。みんなが日なたに注目している間に、日かげに注目し、そこに面白さを見いだす。そして、あわよくば稼ぐ。ここに日かげの大きなメリットがありそうです。

多くの人は明るい日なたに殺到するため、当然、日なたの競争は激化。陽光輝く「春の鎌倉観光」はメチャ混みな一方で、日かげの「鎌倉ダークサイド」は訪れる人がほとんど無くガラガラ状態。とかく日かげは嫌われるようです。でも、嫌われる分、他の観光客(=ライバル)が少なくてゆっくりと楽しめました。これは「金鉱掘り相手の生活必需品販売」と同じ構図かも。

もう1つ気付いた点は、日かげほどユニークさ溢れるものを生み出す可能性があること。「鎌倉ダークサイドツアー」と「金鉱掘り相手の生活必需品販売」ともに、誰も目を付けないスキマを狙うようなユニークさがあります。日差しが強ければ強いほど日なたと日かげのコントラストも鮮明になり、日かげのユニークさが際立ちます。

強い日差しで生まれる日なたと日かげ。光あるところに影がある。この2つを比べてみれば、新しい発想のヒントがあるかも知れません。

| | コメント (1)

2017年5月11日 (木)

ご連絡

カラフルエッセイをいつもご愛読ありがとうございます。
今月の「わさくの悪知恵」は、筆者の都合によりお休みします。

| | コメント (1)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »